マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルがキャリア初のハットトリックを喜んでいる。クラブ公式サイトが伝えた。

24日に行われたプレミアリーグ第31節のシェフィールド・ユナイテッド戦にスタメン出場したマルシャルは、7分にFWマーカス・ラッシュフォードのクロスを合わせて先制点を記録。44分にもDFアーロン・ワン=ビサカのクロスから追加点を奪う。さらに、69分にも再びゴールネットを揺らしてハットトリックを達成した。

キャリアハイとなる今季14点目を記録したマルシャル。試合後のインタビューで「とても嬉しいよ。僕のキャリアで初めてのハットトリックだ。これからももっと得点したいね。今日はチームとしても良いプレーをしていたから嬉しいよ」と、自身初のハットトリックを喜んだ。

その中でも、「最後のゴールだね。とても良いゴールだったよ。最初の2つも『9番』のようなゴールだったから良いゴールだったよ。監督も上手くいっていることをわかっていた。満足していると思う」と、ラッシュフォードのスルーパスから相手GKの頭上を越すループシュートがベストゴールだったようだ。

さらに、「もっとゴールを決めたいだけだ。全試合でゴールできたらチームのためになる。このパフォーマンスを継続させ、チームがより多くの試合に勝てるように手助けしたい」と今後の活躍にも意欲を燃やしている。