日本代表MF久保建英の同僚が偉業を成し遂げた。

マジョルカは24日、ラ・リーガ第31節でレアル・マドリーと対戦。試合は、ヴィニシウス、セルヒオ・ラモスのゴールでマドリーが2-0で勝利を収めていた。

この試合、久保は先発フル出場を果たしたが、試合の終盤に新たなタレントがデビューを果たした。

U-17アルゼンチン代表FWルカ・ロメロは84分からイドリス・ババに代わって途中出場。これが、15歳219日でのラ・リーガ出場となり、歴代最年少記録となった。

ルカ・ロメロは、6月1日からファーストチームのトレーニングに参加しており、コーチ陣からも高く評価。招集メンバーにはすでに入っていたが、晴れてデビューを果たした。

なお、これまでの記録は1939-40シーズンにセルタのフランシスコ・バオ・サンソン氏が記録した15歳255日であったため、36日更新したこととなる。

神童と呼ばれたノルウェー代表FWマルティン・ウーデゴールはマドリー時代に16歳157日でデビューし、歴代9位の記録となっている。

なお、ルカ・ロメロは15歳のためプロ契約を結べていない状況。11月18日に16歳の誕生日を迎えるが、争奪戦が起こる可能性がある。

◆スペイン1部リーグ最年少出場記録

1位:ルカ・ロメロ(マジョルカ)/15歳219日/2019-20

2位:フランシスコ・バオ・サンソン(セルタ)/15歳255日/1939-40

3位:ペドロ・イラストルサ(レアル・ソシエダ)/15歳288日/1933-34

4位:オスカル・ラモン(レアル・サラゴサ)/15歳289日/1984-85

5位:ブランコ・クバラ(エスパニョール)/16歳83日/1964-65

6位:ファブリス・オリンガ(マラガ)/16歳98日/2012-13

7位:アントニオ・プチェ・ビセンテ(エルチェ)/16歳124日/1988-89

8位:ホセ・アントニオ・レジェス(セビージャ)/16歳151日/1999-2000

9位:マルティン・ウーデゴール(レアル・マドリー)/16歳157日/2014-15

10位:フランシスコ・ハビエル・ペレス(オサスナ)/16歳161日/1984-85