ヤマト卓球は、日本卓球協会とオフィシャルサプライヤー契約を締結。同社が2011年に立ち上げた卓球ブランド「VICTAS」が卓球男子日本代表公式ウエアに決定した。

オフィシャルサプライヤー契約により、ヤマト卓球はウエアのほか、ジャージ、練習ウエア、ソックス、タオル、バックなどを含めた関連製品を男子卓球のナショナルチーム、ジュニアナショナルチーム、ホープスナショナルチーム、エリートアカデミーに提供。卓球日本代表のサポートを行う。契約期間は2017年4月1日~2021年3月31日までの4年間。

ヤマト卓球の松下浩二社長は、「ナショナルチームを全面的にサポートし、そして応援していきます。VICTASはブランド立ち上げ当初から、“トップ選手志向の製品作り”を目指してきました。来年の4月より日本代表選手にウエアなどを着ていただくことによって、日本男子代表選手とともに世界のトップを目指します」と述べている。