23日の楽天戦の2回に見事な好返球で二塁走者の太田を刺した大田

■楽天 4-0 日本ハム(23日・楽天生命パーク)

 6月23日に楽天生命パークで行われた楽天対日本ハム戦。その2回に日本ハム大田泰示外野手が見せた“レーザービーム”にファンが喝采している。

 楽天が浅村栄斗内野手、ステフェン・ロメロ外野手の本塁打で2点を先制した2回。さらに二塁打で出塁した太田光捕手を二塁に置き、辰己涼介外野手の放った打球は一、二塁間を破って右前へと抜けた。二塁走者の太田は三塁を蹴って本塁を狙った。

 打球を処理した大田はステップ、小さいテークバックから本塁へと矢のような返球を送った。送球は鶴岡慎也捕手の手前でショートバウンドしたものの、これを鶴岡が上手く処理。流れるような動きでそのまま走り込んできた太田にタッチし、アウトにした。

 この大田の“レーザービーム”を紹介した「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeの動画には「軽く投げてそうなのにあの返球ってヤバ」「カッケェ」「めちゃくちゃ綺麗な返球」「「いや、これはすごい」「鶴岡もうまっ」「えっぐ」「日本ハムに来て大正解だったな本当に!!」とファンも絶賛するコメントが並んでいた。(Full-Count編集部)