同点の8回に代走で登場すると、2本の遊ゴロで二塁から勝ち越しの生還

■ロッテ 6-5 オリックス(23日・ZOZOマリン)

 球界でも指折りのイケメン選手と言われるオリックスの小田裕也外野手。その小田が23日のロッテ戦で見せた“神走塁”をファンが絶賛している。

 そのプレーはロッテ戦の8回に起きた。同点で迎えたこの回、先頭の吉田正尚外野手が二塁打で出塁。無死二塁となると、西村徳文監督は小田を代走で送り、この起用に小田が応える。

 続くジョーンズの遊ゴロで迷わずスタートを切り、三塁へと進塁。さらに中川が放った遊ゴロでも再び迷わずスタートを切って本塁へと突入した。間一髪のタイミングだったが、ヘッドスライディングで突っ込むと、捕手のタッチを掻い潜り、左手でホームベースに触れた。ロッテ井口資仁監督はリクエストしたが、判定は覆らなかった。

 この勝ち越し点を生む小田の走塁を紹介した「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルの動画には「小田は速すぎる」「スライディングうますぎる」「守備、走塁といい、これぞプロですな」「隠しきれぬ身体能力」「これぞ好走塁!!」と絶賛のコメントが並んだ。なお、試合は9回に逆転を許し、サヨナラ負けを喫した。(Full-Count編集部)