開幕4試合で12球団でワーストの28四球を出しているソフトバンク投手陣

 エンジンがなかなかかからない。3年ぶりのリーグ優勝、4年連続の日本一を目指すソフトバンクだ。開幕戦にサヨナラ勝ちをしたものの、そこからロッテに連敗し開幕カードに負け越し。さらに23日の西武戦では投手陣が11失点を喫して大敗し、1勝3敗はオリックスと並びパ・リーグ最下位となっている。

 まだシーズンも始まったばかり。4試合しか経っておらず、何かを語るには時期尚早ではある。ただ、ここまでの4試合で気がかりなのが、異常なほどの四球数の多さだ。

 ソフトバンクの投手陣はここまでの4試合で計20失点(23日だけで11失点)を喫し、防御率4.50は12球団ワーストとなっている。被安打32はリーグワーストではあるものの、12球団で見れば、DeNAや中日、ヤクルトよりも少ない。にも関わらず、これだけ失点が多くなっているのは四球の多さが関係しているのは間違いないだろう。

 この4試合でソフトバンク投手陣が与えた四球は28個。申告敬遠、死球を含めれば、すでに30個もの四死球を与えている。被安打は32本。四死球も安打と同じだと考えれば、すでに62本もの安打を浴びていることになる。

 開幕のロッテ戦は勝利こそしたものの、5つの四球を与えた。9回に森が同点とされた際には四球が絡んでいる。第2戦では計8四球。2番手の松本が4つの四球を出して勝ち越しを許し、3戦目は二保の頭部死球、危険球退場の直後にドラフト3位ルーキー津森が満塁本塁打を被弾した。

一方の打線はリーグで最も少ない13四球にとどまっている

 そして23日の西武戦。先発のムーアは2回に2本の安打に四球が絡んだところにスパンジェンバーグに満塁弾を浴びた。3回には押し出しの四球。7回にプロ初登板を果たした尾形も押し出しを含む3つの四球を与えている。この試合だけでホークス投手陣は実に11個の四球を与えた。これでは苦しいと言わざるを得ない。

 これとは真逆のことが起きているのが、実はソフトバンクの打線だ。4試合のチーム打率は.215と低調だが、それでも日本ハムを上回っている。だが、得点は日本ハムの14に対して、ソフトバンクは8しかないのだ。

 チーム出塁率で見比べると、ソフトバンクの.291に対して、日本ハムは.313とその数字が逆転する。この差が四球。日本ハムは19あるが、ソフトバンクは13しかない。チーム出塁率は3割を切っているのは、パ・リーグではソフトバンクだけ。12球団でも阪神と2球団しかない。

 実は昨季も12球団ワーストの与四球数(550)だったソフトバンク。課題とされている“四球病”が今季も露呈しており、このスタートで波に乗れない一因となっていると言えるだろう。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)