トッテナムは23日、プレミアリーグ第31節でウェストハムと対戦し、2-0で勝利した。

トッテナムは、およそ3カ月ぶりの再開初戦でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。長期離脱していたケインやソン・フンミンが先発に顔を揃えたなか、今冬加入のベルフワインのゴールで先制に成功する。しかし、後半にPK献上で同点に追いつかれ、そのままドロー決着となった。

リーグ戦5試合ぶりの勝利を目指す今節は、前節はコロナ禍での不適切なSNS投稿で1試合の出場停止処分を受けていたデレ・アリが先発復帰。その他、ロ・チェルソやモウラがスタメンに起用された。

トッテナム・ホットスパー・スタジアムを舞台としたロンドン・ダービーはやや硬い入りとなる。ホームチームがポゼッションでは圧倒するものの、初シュートのシーンが訪れたのは22分。モウラがボックスの外から強烈なシュートを放ったが、GKファビアンスキが好セーブを見せる。27分にはケインに初シュートが飛び出すが、これもファビアンスキに止められた。

ゴールレスで迎えた45分、トッテナムはロングボールを放り込み圧力をかけると、ボックス左でロ・チェルソのパスを受けたソン・フンミンが鋭い切り返しからゴールニアを打ち抜き先制…かに思われたが、VARで確認した結果、足が僅かにオフサイドラインを越えていたとしてゴールは取り消された。

後半も早々から主導権を握るトッテナムは50分、モウラのスルーパスから右サイドを抜け出したオーリエがグラウンダーのクロスを供給。これをケインがバックヒールで流し込みにかかったが、GKファビアンスキが封をする。

守勢を強いられるウェストハムがチャンスを迎えたのは54分。右サイドを細かいパス交換で抜け出したボーエンのクロスの先にフォルナルス。ダイレクトで合わせにいったが上手くミート出来なかった。

その後は劣勢だったウェストハムにも攻撃のリズムが生まれてくると、逆にトッテナにはカウンターのチャンス。59分、自陣からカウンターを発動し、ソン・フンミンがピッチ中央を駆け上がる。左のロ・チェルソに展開し、その折り返しをケインが狙っていったが、僅かに右に外してしまった。

徐々にオープンな展開となるロンドン・ダービー。すると64分、トッテナムの右CKのチャンスでロ・チェルソがクロスを入れると、D・サンチェスの当たり損なったヘディングシュートがスーチェクに当たってゴールイン。オウンゴールでトッテナムが先制した。

その後、70分に取られた給水のタイミングで両チームとの交代策を施す。ウェストハムは78分、ボックス右外からのFKの流れで、途中出場のF・アンデルソンの折り返しを狙ったボーエンのシュートがポスト直撃。

ヒヤリとしたトッテナムだが82分、自陣中央で途中出場のラメラがボールを奪いカウンターへ転じると、ソン・フンミンのラストパスを受けたケインが最終ラインを突破。そのままGKとの一対一を制し、勝利を手繰り寄せる2点目を挙げた。

ケインは今季のリーグ戦12ゴール目。昨年12月28日のノリッジ戦以来の得点となった。

そして、試合はこのまま終了し、トッテナムがリーグ戦5試合ぶりの勝利を収めた。