リオデジャネイロ五輪・柔道男子73キロ級で金メダルを獲得した大野将平が10月19日、インスタグラムを更新。同大会で金、銀、銅メダルの3個のメダルを獲得した競泳の萩野公介とのツーショット写真を投稿した。

「金の一号と二号。」と日本勢で大会第1号の金メダルを獲得した大野。続いて萩野が400メートル個人メドレーで金メダルに輝いた。ふたりは初めて食事をともにしたようで、「めちゃめちゃ好青年でびっくりしました。」と大野は、萩野についての印象を明かしている。

ファンからは、「めっちゃ仲間に入りたい!」「この2ショット最高!」「このショット すごいお宝ですね!」「豪華すぎ!」などのコメントが寄せられていた。

また、同大会・柔道男子60キロ級の銅メダリスト・高藤直寿は、「呼ばれてないなぁ~…銅メダル2号です。笑」とツイッターで反応。卓球男子団体で銅メダルの吉村真晴も「僕も呼ばれてないです。笑」とコメントし、メダリスト同士での食事会への参加を望んでいるようだ。

柔道日本代表の大野将平が金メダルを獲得(2016年8月8日)(c) Getty Images

柔道日本代表の大野将平が金メダルを獲得(2016年8月8日)(c) Getty Images

金メダルの柔道・大野将平(c)Getty Images

金メダルの柔道・大野将平(c)Getty Images

萩野公介 参考画像(2016年8月6日)(c) Getty Images

萩野公介 参考画像(2016年8月6日)(c) Getty Images

萩野公介 参考画像(2016年8月6日)(c) Getty Images

萩野公介 参考画像(2016年8月6日)(c) Getty Images