「3番・右翼」での出場を試合前会見でラミレス監督が明かす

 DeNAのタイラー・オースティン外野手が、23日の中日戦で来日初のスタメンで起用される。試合前会見でラミレス監督が「状態がよくなったので、今日は先発でいく」と公言した。

 ラミレス監督は「これで90パーセントは理想のラインアップになる。オースティンが3番に入ることで、1番から6番までがかなり強力になる。全体的に、相手に与える恐怖感が非常に増すことになると思う」と語り「3番・右翼」での起用となるようだ。

 オースティンはオープン戦、練習試合で本塁打を量産し、筒香が抜けた打線のキーマンとして期待されていた。だが、右肘の張りで広島との開幕3連戦はスタメンから外れ、代打出場となっていた。チームは地元での開幕カードを1勝2敗と負け越したが、期待の新戦力のスタメン出場で巻き返しをはかる。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)