米スポーツ番組「スポーツセンター」が12歳のリトルリーガー・ビスカイノくんを動画で紹介した

 ホントに12歳? 米スポーツ局ESPNの人気番組「スポーツセンター」は公式インスタグラムを更新し、2018年8月のリトルリーグ・ワールドシリーズに出場したスペイン代表、ロナルド・ビスカイノ投手を紹介。“リトルリーガー離れ”した大柄なプレーヤーに再び脚光が当たっている。

 スポーツセンターは12歳のビスカイノくんの映像を投稿。「2018年、ロナルド・ビスカイノはリトルリーグワールドシリーズ(に出場したチーム)の中で最も大柄な選手として大きな注目を集めた」と紹介した。米放送局「CBSスポーツ」によると、ビスカイノくんの身長は185.4センチ、体重112.4キロ。とても12歳とは思えない堂々の体格だ。

 ファンからは「ワォ」「なんだって」「出生証明書」「その小柄な捕手のことが気の毒に思うよ」「誰かがこの兄ちゃんのバックグラウンドを調べないと」「彼は最低でも30歳だったよ」「なぜなら彼は26歳だったからだ」「この少年が12歳であるはずがない」「審判! この少年の年齢を確認してもいいでしょうか?」などと驚きのコメントが集まった。

 ドミニカ共和国生まれで、3歳の頃にスペインに移住したというビスカイノくん。10年後が楽しみな“逸材”と言えるだろう。(Full-Count編集部)