プロ野球は19日に開幕、パ・リーグ6球団のスローガンに込められた思いを紹介

 当初の開幕予定日から3か月がたち、いよいよ開幕を迎えたプロ野球。開幕直後の今回はパ・リーグ6球団のスローガンと、そこに込められた熱い思いをあらためて紹介する。

○西武「Leolution!(レオリューション)」

 西武の2020年シーズンスローガンは、獅子(レオ)と変革(レボリューション)を掛け合わせた造語「Leolution!(レオリューション)」。ロゴデザインは、黄金時代のライオンズブルーとレジェンドブルーを組み合わせ、ゴールドを加味することで栄光時代の幕開けを想起させるデザインとなっている。

 辻発彦監督はスローガン決定に際し、「ライオンズ命名から70周年という記念となる2020シーズン、新たな時代を築く『元年』となるべく昨年、一昨年に成し遂げることができなかった『日本一』を絶対につかみ獲るという強い決意で、2020シーズン臨んでまいります」とコメント。

 西武はパ・リーグ連覇を果たしながらも2年連続CSで敗退。また、今季から秋山翔吾外野手がメジャーリーグに移籍したため、その穴を埋める若手選手の台頭、そして投手陣のさらなる奮起が期待される。「ライオンズ命名70周年」と、チームにとって特別な1年となる2020年シーズン。自慢の「獅子おどし打線」でパ・リーグ3連覇なるか?

○ソフトバンク「S15(サァイコー)」

 ソフトバンクは「S15(サァイコー)」を2020年シーズンのスローガンに掲げた。このスローガンは「さあ、行こう! チームも選手もファンもサイコーな2020シーズンへ! Speedで行こう! Strongで行こう! Specialで行こう! SoftBank HAWKS 日本一へゴー! SoftBank HAWKS 15周年、進化してイコー! 2020年の福岡ソフトバンクホークス、『S15』で行こう!」と、さまざまな意味合いを持っている。ソフトバンクが誕生して15周年の節目となる今季は、選手にとってもファンにとっても特別なシーズンとなるだろう。

 今季で指揮を執って6年目となる工藤公康監督は、「絶対にリーグ優勝して日本一になれるよう、1試合1試合勝つことに向けてやっていく。僕も日々勉強、反省しながら前に向かっていきたい」とコメント。昨季は日本シリーズ連覇を果たしたものの、リーグ王座を2年連続で西武に奪われている。昨季は主力選手の故障離脱が目立ったが、今季は「S15」のもと万全の状態でリーグ王座奪取、そして日本シリーズ4連覇に期待が高まる。

楽天は「日本一の東北へ」を3年連続で採用、ロッテは昨年に続きキャッチーな「突ッパ!」

○楽天「NOW or NEVER いまこそ 日本一の東北へ」

 楽天イーグルスの2020年シーズンスローガンは、「NOW or NEVER いまこそ 日本一の東北へ」。日本のスポーツ界が盛り上がる2020年、アスリートたちが運命の決戦に立ち向かうように、楽天も「今年が勝負だ」「いまこそ優勝をつかむんだ」「全試合・全プレーを全身全霊で闘い抜く」という決死の覚悟を表現したものになっている。

「ファンと選手がひとつになり、東北が一丸になり日本一を目指す」という思いが込められた2018年スローガン、「日本一の東北へ」を3年連続で採用している。2013年に初のリーグ優勝、日本一に輝いたが、翌年以降の最高順位は3位にとどまっている。さらに上を目指すため、2018年オフと同様に2019年オフも、鈴木大地内野手やステフェン・ロメロ外野手を獲得するなど積極的な補強を行った。万全の状態で開幕を迎え、7年ぶりの頂点へ好スタートを切れるか注目だ。

○ロッテ「突ッパ!」

 ロッテは2019年の「マウエ↑」と同様、キャッチーで覚えやすい「突ッパ!」を2020年のスローガンに決定。このスローガンには「パ・リーグを1位で突き抜ける! CSを突き抜け日本一を獲る! 限界を突破する!」という力強い意味が込められている。

 井口資仁監督は「選手たちには自分の物差しで物事を決めずに限界を超えてほしい。超えていいと思ってほしい。突き抜けてほしい」と選手たちに期待を寄せていた。昨季は惜しくも4位に終わりCS出場はならなかったが、ホームランラグーンが設置されたこともあって本塁打数が大幅に増加するなど、チーム力は確実に向上。今季は福田秀平外野手や美馬学投手ら新戦力を迎え、さらなる飛躍が期待される。

日本ハムは「羽撃く(はたたく)」、オリックスは「B INNOVATION #超革新系」をスローガンに

○日本ハム「羽撃く(はたたく)」

 日本ハムは2020年のスローガンを「羽撃く(はたたく)」に決定。2016年シーズンに日本一に輝いてから3年。「栄光から遠ざかり、悔しさや歯がゆさを感じているファンとともに再び大空を舞うべく一人ひとりが殻を破り飛躍を遂げ4年ぶりの頂点奪回で捲土重来(けんどちょうらい)を果たす」という強い気持ちが込められている。

 指揮を執って9年目を迎える栗山英樹監督は、「何が何でも勝ち切るため、その思いをしっかり言葉にしてスローガンを決めた。選手全員が大きく大空を羽ばたくシーズンになり、ファンの皆さんが今年のファイターズは羽撃いたなと思っていただければ優勝できるはずなので、孚(まこと)※を尽くしてチームを成熟させていくつもりです」とコメント。

 昨季はショートスターターやオープナーを取り入れるなど新戦術も展開しましたが、主力の離脱などもあり、奮闘は報われず5位に終わった。今季は投打ともに充実した結果を残し、Aクラス復帰そして2016年以来の日本一に期待が寄せられている。

※はぐくむ。育てる。親鳥が卵をかえす。偽りのない心

○オリックス「B INNOVATION #超革新系」

 オリックスは「B INNOVATION #超革新系」を2020年のキャッチフレーズに。「B」には「Boost(底上げし)・Break(ブレイクし)・Boom(ブームを起こす)」という意味が込められている。もちろん「Buffaloes」の「B」でもあり、2019年の「Be Aggressive #超攻撃型」と同様、力強いスローガンに。また、ロゴデザインで強調されている「V」は「優勝」を指しており、1996年以来遠ざかっているリーグ優勝への強い思いが表現されている。

 2014年以降はBクラスに沈んでいるオリックスは、メジャー通算1939安打、282本塁打を放っているアダム・ジョーンズ外野手を獲得して打線を強化。投手陣では山本由伸投手、山岡泰輔投手ら若き好投手がそろっており、戦力は十分。西村徳文監督就任2年目、今季こそ革新を成し遂げ1996年以来のリーグ優勝、日本一を目指す。

 スローガン自体はとても短い言葉ではありますが、込められた思いは一言では表せないもの。6球団それぞれの個性あふれたスローガンのもと、頂点に向かって突っ走っていく強い気持ちは、選手はもちろん、ファンのみなさんも準備万端に違いない。依然として無観客で試合を実施せざるを得ない状況が続いているが、球場で観戦できるその時まで「パーソル パ・リーグTV」で選手たちを応援しよう!(「パ・リーグ インサイト」後藤万結子)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)