[遂に開幕。プロ野球2020・ドコモなら月額980円(税抜)で見放題・初回31日間無料]

 史上初めて無観客で開幕したプロ野球の公式戦で、想定外のトラブルが起こった。21日のヤクルト-中日戦(神宮)で、中日の与田剛監督が審判団に歩み寄った。バックネット裏の放送ブースから、実況の声がグラウンドまで届いていると指摘した。


・今すぐ読みたい→
無観客試合ならではのまさかの珍事「静かすぎて実況アナの配球が・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/combination-of-pitches-01/

 内容は「捕手が(内外角どちらかの)コースに寄った」などといった実況放送が、アナウンサーの生声として選手たちに届いてしまっている、という指摘だった。神宮球場の中継ブースはバックネット裏の2階にあり、窓などの遮蔽物がない。神宮球場では、透過性の高いシートを設置して対応するという。

 場内がシーンと静まり返った無観客試合ならではのトラブル。ただし、同様の指摘は3カ月以上前の段階から上がっていた。

 3月18日付のスポーツ報知では、「静かすぎる球場、アナの実況もぜ~んぶ筒抜け…無観客試合に迫る(後編)」の見出しで、当時は無観客の練習試合として行われた3月1日の中日-広島戦(ナゴヤドーム)での模様を、以下のように報じている。

 「関係者によると、中日遊撃手の京田は『静かすぎて守備位置から江田アナの声が聞こえた』と話していたという」

 「6回2死一塁、中日のドラフト2位左腕・橋本が広島・長野を1ボール2ストライクと追い込んだ。解説の牛島和彦さんが『ここでズバッと内角に来たら面白いですね』と話した直後、捕手の木下拓がスッと打者の内角に寄った。江田アナは思わず叫んだ。

 『木下拓が内角に寄ったぁ!』

 その声は、静まりかえったドーム全体に響いた。この球は外角へ外れてボール球となり、フルカウントまでいって二ゴロ。声が結果に影響を及ぼしたとは考えづらいが、江田アナは『遊撃手でも聞こえるんですから、打者や捕手は…。熱戦に水を差すところでした』と苦笑いだった」

 当時はオープン戦にあたる練習試合だったので、笑い話として済んでいた。また、その段階では斉藤惇コミッショナーは「最後の最後、ほぼあり得ない選択」と公式戦の無観客開催について話しており、開幕できたとしても無観客でペナントレースを行うことはまだ誰の頭にもなかった段階だ。だが、そこから新型コロナウイルスの感染が拡大し、開幕は何度も延期を迫られた。ようやくたどり着いた無観客での公式戦開幕。本来であればこの記事の指摘が懸案解決へ生かされるべきであったが、残念ながらその教訓は伝わってはいなかった。

 3月のケースでも、中日は当該球団にあたるだけに、与田監督は敏感に実況の声を察知したのかもしれない。

 いずれにせよ、実況の声が届くことによる有利・不利が生まれかねない状況は、公式戦が開幕した今、望ましくない。各球場は早急に対策を練るべきだろう。実況ブース内の3密を避けるため、ガラスなどで密閉にすることは好まれない状態の球場もあるかもしれない。その場合は無観客用に仮設のブースを設けるなど、手立てが求められる。視聴者の中には、解説者らが1球ごとに細かく内容ある配球論などを語ることを、楽しみに待つファンもいるはずだ。

 手探りでたどり着いた開幕、そして初体験となった無観客での公式戦。最初の3連戦を終えて、22日は1試合もない休養日。運営サイドは課題を洗い出し、その対処に忙しい「初休日」を過ごすことになりそうだ。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
無観客試合ならではのまさかの珍事「静かすぎて実況アナの配球が・・・」 https://cocokara-next.com/athlete_celeb/combination-of-pitches-01/