史上初のプロ初対戦の打者に満塁ホームランを浴びたホークスドラ3津森だが…

■ロッテ 5-1 ソフトバンク(21日・PayPayドーム)

 ソフトバンクのドラフト3位ルーキー津森宥紀投手は21日に本拠地PayPayドームで行われたロッテ戦でプロ初登板を果たし、初対戦した井上晴哉内野手に満塁本塁打を浴びた。これは史上初の出来事として注目を浴びたが、その後の投球は見事だった。3回3安打4奪三振の力投にファンも「圧巻だった」「気の強そうな投げっぷり」と絶賛している。

 先発の二保が危険球退場でマウンドを去り、2回無死満塁の場面で登場したのはルーキー津森。ロッテ井上にいきなり満塁弾の洗礼を浴びたが、その後は冷静に相手打者と対峙した。

 5回途中で降板となったが3回0/3を投げて3安打1失点、4奪三振の力投。試合後は「ちゃんとしっかり思うように投げられたら打ち取れた」と手応えを掴んでいた。

 満弾を浴びたことがクローズアップされるが「パーソル パ・リーグTV」は「度胸と投げっぷり」とのタイトルで左打者から4三振を奪った動画を公開。ファンもルーキー右腕の好投に酔いしれていた。

「圧巻だった」

「気の強そうな投げっぷり」

「ルーキーなのにマウンド度胸ありすぎて怖いぐらい」

「右サイドなのに左から4奪三振は魅力的」

「素晴らしい投球」

「左キラー」

 工藤監督も試合後は「投げるボールを見ても、いいボールを投げていた。これからも期待できると思う」と語っていたように、1軍の戦力として今後も登板機会は増えていきそうだ。(Full-Count編集部)