レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロが、出場停止となるようだ。

カゼミロは、21日に行われたレアル・ソシエダの一戦で先発出場。21分にイエローカードを受けていた。

これがカゼミロにとって5枚目のイエローカードとなり、累積警告により出場停止処分が下されることに。24日に予定されているマジョルカ戦が対象となるようだ。

ジネディーヌ・ジダン監督にとって貴重なカードとなっているカゼミロ。この代役はドイツ代表MFトニ・クロースやクロアチア代表MFルカ・モドリッチ、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが考えられている。

マドリーは30試合を終えてバルセロナを抜きラ・リーガで首位に浮上。このまま自力で優勝を掴めるだろうか。