ボローニャの日本代表DF冨安健洋が、ユベントスとの再開初戦へ意気込んだ。ベルギー『Het Belang van Limburg』でのコメントを『Voetbalkrant』が伝えた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け中断していたセリエA。一時は世界で最も感染者と死者数が多くなったイタリアだが、ロックダウン(都市封鎖)などの規制を遵守したことで徐々に感染が小康状態に。そして、ブンデスリーガ、ラ・リーガ、プレミアリーグに続いてヨーロッパ5大リーグの1つとしてリーグ再開にこぎ着けた。

ボローニャは、22日に首位のユベントスと対戦。現在は勝ち点34で10位につけているものの、ヨーロッパリーグ出場権を獲得できる6位ナポリとの勝ち点差は「5」とまだまだ目指せる状況だ。

冨安は、ローマやウェストハム、サウサンプトンなどが興味を示しているとされている中、ボローニャでのプレーを続け、ヨーロッパの大会への出場を目指すと意気込みを語った。

「ボローニャで幸せです。ここでの生活は良いです。ここに留まり、さらに重要になりたいです。ヨーロッパの大会でのプレーを目指しています。僕は残りの12試合で、その目標を達成できると信じています」

また、今季最初の対戦となった昨年10月のアウェイゲームは、日本代表の試合で左大腿二頭筋損傷のケガを負ったために欠場していた。

冨安は初めて対戦するユベントスの印象を語り、楽しみだと語った。

「トリノでの最初の試合は足のケガで見守ることになっていたので、本当に楽しみです。ユベントスはイタリアで最強のチームで、アグレッシブで何よりもコンパクトにプレーする必要があります」