プレミアムシューズブランド「HOKA ONE ONE(ホカ オネ オネ)」は6月22日(月)、同社アンバサダーとして“山の神”の異名を持つ富士通スポーツ推進室所属の柏原竜二さんが就任することを発表しました。

 同社によれば、今回の柏原さんのアンバサダー就任は、「柏原さんのランナーとしての輝かしい実績と経験、そしてご自身の体験から得た知見を次世代のランナーへ伝えていきたいという情熱に共鳴し、契約の運びとなりました」とのこと。

 今後については、「柏原さんのフィルターを通して、今季の新モデル 『CLIFTON EDGE』をはじめとするホカ オネオネの製品の機能や魅力をよりわかりやすく多くの方々へ伝えていただきます」としているほか、柏原さんが行っているスポーツ活動全般への支援や地域・社会貢献活動のサポートについても約束しています。

 柏原さんは同社の魅力について「ホカ オネオネはここ数年でものすごくシューズ開発が進み、以前から興味がありました。また、実際に履いてみて人をサポートし寄り添うシューズだなと感じました。柔らかさだけではなく、人や足を支えランニングをサポートししてくれると感じています」とコメント。

 さらに、同社アンバサダーとしての抱負について「ホカ オネオネのアンバサダーとして、日本各地で講演や陸上教室を行いたいです。情報はウェブやSNSでも伝えることができますが、実際に現地に行くことで、学生やランナーにランニングの魅力や自分の陸上経験を精力的にお伝えしていきたいと思っています」と語っています。

 なお、同社は新作シューズ「CLIFTON EDGE」の発売を記念して、バーチャル駅伝イベント「HOKA EKIDEN Strava チャレンジ」を6月29日(月)~7月26日(日)の期間に開催することも決定。同イベントは、オンラインで開催されるもので、スポーツアプリ「Strava(ストラバ)」上から参加。設定されているチャレンジ目標を達成すると、合計100名に「CLIFTON EDGE(クリフトン)」が当たるキャンペーンへの応募資格が獲得できます。

 同イベントのエントリー受付は7月5日(日)まで行われています。

関連記事
・ホカオネオネ、新作ランニングシューズ「CLIFTON EDGE」発売へ。高い衝撃吸収と反発性、クッション性を実現

・ソフトボールでは怒られてばかり、短距離も遅い。だから持久走大会だけは絶対に負けたくなかった。陸上・柏原竜二(前編)|子どもの頃こんな習い事してました #26

<Text:辻村>