オンラインエール授業に登場、高校生へエール

 明日をつくるのは、自分――。ソフトボール女子日本代表で主将を務める山田恵里外野手(日立)が高校生選手たちの背中を押した。インターハイの中継などを実施する「インハイ.tv」と全国高体連が「明日へのエールプロジェクト」の一環として展開する「オンラインエール授業」に登場。新型コロナウイルス感染拡大の影響で夢の全国舞台が断たれながらも、懸命に目標を見出そうとする生徒たちと交流した。

 たとえオンラインでも、憧れの人を前に女子高生たちの目が輝く。向き合ったのは、ソフトボール界の超一流。リーグ通算の安打数、打点で歴代1位、本塁打数でも1位タイを誇る「女イチロー」とも呼ばれる山田は、真っ直ぐぶつけられる質問に対し、身振り手振りを加えながら丁寧に打ち返していった。

「オンラインエール授業」は、インターハイで実施されている30競技の部活に励む高校生とトップ選手らが対面で交流し「いまとこれから」を話し合う企画。5月下旬から始まり、これまでボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太やバレーボール元日本代表の大山加奈さんらが登場。この日で6回目を迎えた。1時間の授業で山田はまず、「自分の原点」だと言い切る高校時代を振り返り、生徒たちと同じ目線に立った。

「高校時代に基本的な練習を繰り返し行ったことで、今の守備やバッティングの基本ができたと思っています。基本がなければ、今の自分はいない」と強調。当時から群を抜いた選手だったが、心身ともに完璧だったわけではないという。「練習が長いな、やってて意味あるのかな、と思ったこともありました」と言うと、生徒たちも共感を示す。その上で、山田は「でも、やり続けて良かった」と継続の重要さを説いた。

 授業の大半は、質問タイム。「メンタル的な難しい質問が多いのかな」と山田は構えていたというが、予想に反して技術的なアドバイスを求める声が多かった。インターハイは中止になったものの、全国の緊急事態宣言は解除され、部活動も徐々に再開。3年生にとっては、最後となる地方大会が夏に控えているケースも多く、技術論への質問はそんな彼女たちのモチベーションの表れでもあった。

 逆方向に長打が打てない、インコースへの対応が難しい、チェンジアップが我慢できない……。悩みはそれぞれ。山田は、自身の感覚をわかりやすい言葉に噛み砕いて伝える。「ミスを引きずってしまう」と助けを求める生徒に対しては、「試合の中でそのミスは帰ってこないけど、次にミスを取り返すことは絶対にできる。今できることは何なのかを考えて」と助言。さらに、気持ちを切り替える自分なりのルーティンを持つことも必要だといい「私(のポジション)はセンターなので、後ろを見たら誰もいない。だから、後ろを見てひと息つくことはあります」と紹介した。

強い相手にも「勝てるという意識を持ち続けることで、結果は変わってくる」

「どうしてもかなわない相手に勝つには?」。そんな若き選手の切実な声に、山田は2008年の北京五輪で金メダルをかけて対戦した米国との一戦を例に挙げた。下馬評では誰もが米国の勝利を疑わなかったが「アメリカよりも練習していましたし、自分たちの力を出せれば絶対に勝てると思っていた」。その試合で山田は本塁打を放ち、悲願に貢献。「勝てるという意識を持ち続けることで、結果は変わってくると実感しました」と強烈な成功体験を共有した。

 コロナの影響で、極端な制限を迫られた日常生活。行き場のない気持ちを抱え、モチベーションを失ってしまった生徒もいるだろう。山田も、金メダルを獲得した北京大会後、続く12年のロンドン大会では五輪競技から除外されたときの落胆を思い起こす。「目標を見失って、気持ちが入らずに、やめてしまおうと思ったこともありました」。燃え尽き症候群のような状態で、2年ほどは「抜け殻」に。それでも、周囲の支えや競技への思いをあらためて思い起こし「ソフトボールで恩返しを」と再起したという。長い自粛期間で我慢を強いられた高校生たちに対しても「早くグラウンドに立ちたいという意欲が湧いてきたと思うので、その気持ちをぶつけてほしい」と言葉をかけた。

 熱い授業が繰り広げられる中、憧れの「女イチロー」に対し、ファン目線からの質問も。「一番打ちづらい投手は?」と問われた山田は、「やっぱり、上野さん」と即答。1学年上で、ソフトボール界の“レジェンド”である上野由岐子投手(ビックカメラ高崎)について「ボールが速いだけでなく、変化もある。頭のいい方なので考えてボールを投げている感じがあるので、私も打席の中で考えさせられてしまう」と過去の対戦を思い出す。ただ、真剣勝負の空間は何物にも代えがたいようで「上野さんと対戦できることが幸せだなとワクワクしながら打席に立っています」と満面の笑みを見せた。

 36歳になった今も、山田はトップランナーとして走り続ける。現状維持ではなく、常に成長し続けるためのヒントも示す。「あと一歩のところでなかなかうまくいかない」という質問に、こう返した。

「人と同じことをしていても結果は人より出せない。自分で限界を決めないというのは大切で、ネガティブよりポジティブ。気持ちひとつで変わってくる」

 たとえば塁間ダッシュの時、ベースに到達したら終わりでなく、ベースの先まで走る。ノックでは、誰よりも1球多く捕る。練習を誰よりも先に始める……。ひとつひとつは細かいことでも、積み重ねていけば大きな差になる。「私自身、一歩先を考えて練習している意識はあります」と競技への向き合い方を語った。

 インターハイ中止という現実を受け入れ、目の前にある最後の地方大会に気持ちを切り替えた彼女たちの背中を押すように、言葉にも熱が帯びる。「目標や目的を持つことで人は変われると思いますし、全力で取り組むことは今後の人生に必ず生きてくると思う」。高校生たちの表情はマスクでなかなかうかがえないが、画面を見つめる目は純粋そのものだと感じた。「明日っていうものは必ず自分でつくり上げることができる」。前途ある10代の選手たちへ、山田はそう締めくくった。

「自分も、もっとしっかりしないといけないなと、逆に力をもらいました」。授業後、そう山田は振り返った。リーグは9月に開幕予定で、その先には来年の東京五輪が待っている。感染拡大による自粛期間中は下半身強化を中心に取り組んでいたといい、夏以降の実戦に備える。五輪の延期もプラスに捉えており「相手の研究や自分と向き合う時間が長くなったので、本番に向けてその時間を使っていきたい」と見通す。

 山田自身が高校生だった00年にシドニー大会を見て五輪への気持ちをふくらませたように、次は東京で夢を与える立場にならなければいけない。「こうなりたいと思ってもらえるようなプレーをしたい。何かを目指すきっかけになりたいと思います」。いま自分に課しているというテーマを、そのまま高校生たちへのエールに変えた。「自分で決めたことは、やりきってほしい」。その手本を示す責務をあらためて感じた1時間だった。(Full-Count編集部)