サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はウェストハムの元イングランド代表MFジャック・ウィルシャーが、アーセナル時代に決めたゴールだ。

アーセン・ヴェンゲル監督時代、華麗なるパスワークで相手守備陣を完全に崩すような美しい攻撃が特徴であったアーセナル。2013年10月19日に行われたプレミアリーグ第8節のノリッジ戦でのゴールがまさにその賜物であった。

18分、ボールを保持したアーセナルは、敵陣左サイドでボールを持ったMFサンティ・カソルラがウィルシャーへとパス。ウィルシャーがツータッチでカソルラにリターンすると、カソルラはダイレクトでボックス内のFWオリヴィエ・ジルーへとパスを出す。ジルーはダイレクトでウィルシャーへとフリックし、ウィルシャーもダイレクトでリターン。再びジルーがダイレクトで浮かすと、抜け出したウィルシャーがダイレクトで流し込んだ。

見事なパスワークにノリッジ守備陣は棒立ち。わずか3人の6回のタッチで簡単に相手ディフェンスを崩してしまった。まるでゲームのような連携に、アーセナルサポーターでなくとも感嘆するゴールだったのではないだろうか。