レスリング女子リオデジャネイロ五輪金メダリストの登坂絵莉は父の日の6月21日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新。父親とのエピソードを紹介した。

■登坂絵莉選手「父の日」の音声は【こちら】から。

父親はレスリングをやっていたので、「レスリングを始めた時から試合では、ほとんどセコンドと務めていた」と話し、「のびのびとレスリングをやらせてもらった」と振り返っている。  レベルアップするために県外へ遠征に行った際は節約するために車中泊していたといい、「当時のことは心に残っていて、親元を離れた時にふと思い出し、もっと頑張らなきゃいけないといった原動力にもなった」と語った。小中学校でのレスリングは「本当に父の影響がすごく大きい」とし、「今でも父に教わったことがかなり私の考え方に繋がっているのかなと思う」と感じていた。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net