巨人は投打が噛み合い好スタート、西武は自慢の打線が不発

 プロ野球は21日、各地で全6試合が行われ開幕カードを終えた。セ・リーグでは巨人が本拠地・東京ドームで阪神を相手に3連勝と好発進。パ・リーグはビジター3球団が勝ち越す、珍しいスタートとなった。各地で見応えのあるゲームが続いた。

 昨季のセ・リーグ覇者が投打に渡る活躍で開幕3連勝と最高のスタートを切った。阪神との伝統の一戦では菅野、田口、サンチェスと先発投手に白星が付き、打線もチーム打率.301、21得点、4本塁打と絶好調。新型コロナウイルス感染で一時、入院していた坂本が3戦連続安打、打率.455、主砲の岡本も打率.500、新助っ人のパーラは打率.556、2本塁打6打点とチーム3冠。ベテランの中島も開幕戦でマルチ安打&適時打を放つなど、開幕前の好調をキープしている。湯浅や北村ら若い力が勝利に貢献している点も見逃せない。対する阪神は新助っ人のボーアが3戦12打数ノーヒットとブレーキ。投手陣も12球団ワーストの21失点。12球団唯一の開幕3連敗となった。

 覇権奪還を狙う広島も21日のDeNA戦でサヨナラ負けを喫し3連勝こそ逃したが鈴木誠、怪我からの復活をかける田中、鯉のプリンス堂林、新助っ人のピレラが好調。3戦連続無安打の菊池涼が気がかりだが好スタートを切ったと言ってもいいだろう。ドラ1ルーキー・森下も7回4安打8奪三振無失点、勝ち星こそ逃したが今後に期待がかかる。DeNAはこの日、宮崎のサヨナラ適時打で3連敗を阻止。開幕戦の今永が5回2失点、2戦目のピープルズが6回1失点、平良が6回1失点と先発陣の奮投は好材料だ。

 中日はヤクルトに2勝1敗と勝ち越した。開幕戦は4時間49分の死闘となったが堂上の勝ち越し犠飛で延長戦を制した。2戦目は吉見が序盤につかまり、投打がかみ合わず落としたが、3戦目のこの日は2年目の梅津が今季初登板で7回3安打無失点と好投し、完封リレーと好スタート。ヤクルトは1番・坂口が13打数6安打、打率6割、2番山田が3戦2発と上位打線が好調。3戦で5本塁打が飛び出しており、今後のつながりに期待がかかる。

ロッテは先発投手陣、オリックスは開幕2連敗も3戦目の山本が好投

 一方、パ・リーグはビジターチームの楽天、ロッテ、日本ハムがカードを勝ち越した。日本ハムはリーグ3連覇を狙う西武に対して勝ち越した。開幕戦は落としたものの、2戦目は4番中田のタイムリーで2-1と接戦を制し、救援した玉井が2回を無失点の好投で今季初勝利。3戦目は中田や大田の本塁打で12得点と快勝した。西武は3試合でチーム打率.211、1本塁打と自慢の打線が不発。開幕戦はニールが6回無失点で好投と、好材料はあった。

 ロッテは安定感のある先発投手陣で2勝1敗と、ホークスに勝ち越した。開幕戦はサヨナラ負けしたが、石川が6回無失点。2戦目は若き右腕・種市が6回1失点と好投。そして3戦目は楽天から移籍した美馬が5回1失点と新天地で1勝を挙げた。4年連続日本一を目指すソフトバンクは昨季8勝17敗と大きく負け越したロッテに苦戦。ホークスが開幕カードを負け越すのは2015年以来、5年ぶりとなった。だが、開幕戦は新星・栗原の活躍、若い投手陣も開幕カードという大きな舞台の経験が今後につながるだろう。

 楽天は開幕3連勝とはいかなかったが、オリックスに勝ち越した。三木新監督の積極采配が見えた。開幕2戦目、1-1の延長10回2死一、二塁。二塁走者は浅村の代走に俊足の小郷を起用。銀次の打球が一塁手の失策で、右翼線に転がると、迷わず三塁をまわり、気迫のスライディングで本塁へ生還。勢いを感じる戦いぶりだった。開幕カード3試合に登板した9人の中継ぎが無失点としっかり試合を作っている。オリックスはこの日の3戦目、先発の山本が二塁すら踏ませず、8回3安打無失点。球速は155キロを計測。1番のT-岡田が3安打2打点、4出塁。新外国人のロドリゲスも初打点を記録するなど、投打がかみ合い、今季初勝利を飾った。

 だが、プロ野球はまだまだ始まったばかり。選手枠の増加、延長10回打ち切りなど、特別なシーズンで迎えた今季は何が起こるか分からない。パ・リーグは23日から早速、同一カード6連戦がスタートするだけに注目だ。(Full-Count編集部)