オリックスの山本は完封こそ逃したが8回3安打10奪三振の快投

■オリックス 4-0 楽天(21日・京セラドーム)

 オリックスの山本由伸投手が21日、京セラドームで行われた楽天戦に先発。8回3安打10奪三振無失点の快投で初勝利。圧巻の投球内容にヤンキースの田中将大投手も自身のツイッターで「山本由伸投手素晴らしい投球」と絶賛した。

 連敗で重苦しいムードを若きエースが払拭した。初回を3者連続三振と最高のスタートを切ると、その後も150キロを超える直球と、カットボールを武器に危なげない投球を披露。8回で降板となり完封こそ逃したが、ほぼ完璧な投球内容だった。

 打線も初回に中川の中犠飛で先制すると2回にはT-岡田、ロドリゲスの連続タイムリーで2点を追加。さらに4回には再びT-岡田がダメ押しのタイムリーと投打がかみ合い、オリックスは今季初勝利を手にした。

 古巣の開幕3連勝を阻止した山本の投球にヤンキースの田中も反応。自身のツイッターでは「山本由伸投手素晴らしい投球」と賛辞を送っていた。(Full-Count編集部)