7回途中から送った松本が8回に突如乱れて勝ち越しを許したソフトバンク

■ロッテ 3-2 ソフトバンク(20日・PayPayドーム)

 ソフトバンクは20日、本拠地PayPayドームでロッテ戦を戦い、2-3で敗れて今季初黒星を喫した。同点で迎えた8回に2番手の松本が自身の暴投で勝ち越し点を献上して競り負けた。これで開幕カードは1勝1敗となり、21日の第3戦でカード勝ち越しをかけることになる。

 勝負を分けたのは終盤の投手起用だった。7回1死二塁でソフトバンクベンチは先発の和田毅投手に代えて、2番手に松本裕樹投手を送った。松本は後続を斬ってピンチを脱出。回を跨いで8回も続投したが、これが裏目となってロッテ打線につかまった。

 先頭の藤岡に四球を与えると、荻野の犠打で藤岡は二塁へ。角中の一ゴロ、安田への四球で2死一、三塁となると、レアードへの5球目を引っ掛けてこれがワイルドピッチに。勝ち越し点を献上すると、レアードには中前適時打を浴びて、この回2点目を許した。松本はマーティン、中村奨にも四球を与え、ここで降板となった。

 試合後、工藤公康監督はこの松本の突如の乱調に「今年は良くない時は引っ掛かったりとか抜けたりしている。そこはまた投手コーチとも話をしてもらえたらなと」と淡々と振り返り「みんな初登板なんで、緊張感もあるだろうし、思うところもあるだろうし。最初から調子がいい日ばかりではないし、また明日切り替えてね、しっかりやり返すつもりでやってほしい」と責めなかった。

 1-1の同点の試合展開。延長10回まで、ということも考えれば、本来なら嘉弥真やモイネロ、岩嵜、森といった勝ちパターンの投手を注ぎ込んでもおかしくないところだった。だが、工藤監督は敢えて第2先発要員としてベンチに置く松本を送り、そして8回もマウンドに上げた。

6連戦が続く過密日程に「我慢するところは我慢しないといけないシーズン」

 その背景にはシーズン開幕直後、そして今季特有の変則的な日程が続くことによる投手運用の難しさが隠されていた。試合後、工藤監督は「今日に関してはみんな初めてで(体が)張っている選手が多かった。今日は松本くんを使って、なんとか最後の森くんに繋げられるようにと思っていた。そうならなかったのは自分の責任かなと思っています」と明かした。

 19日の開幕戦では6回途中から嘉弥真、岩嵜、モイネロ、森、そして高橋礼を起用したソフトバンクベンチ。今季の公式戦初登板ということで力が入った部分もあったのだろうか。リリーフ陣に体の張りがあったことから、無理をさせることはせず、松本に複数イニングを任せて、守護神の森に繋ぐことを考えていたのだという。

 今季は開幕カードの3連戦が終われば、そこからは19週連続で6連戦が続く。8月終わりまでは同一カード6連戦という、これまで経験したことがない戦いが続いていく。肉体的な負担が大きくなることは予想できるだけに、開幕直後から投手陣に過度な負担をかけたくないという事情もあった。

「どうやっても6連戦が続く中で、リリーフ、リリーフとやっていくと疲弊していく、登板数が多くなる。我慢するところは我慢しないといけないシーズンだと思う」。もちろん勝つことが大事ではあるが、過酷な日程が続くだけに無理使いも禁物となる。首脳陣にも我慢が必要。そういった面でも難しさの中で戦うシーズンとなりそうだ。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)