一足早くカップ戦で再開していたイタリアサッカー。コッパ・イタリアではナポリが優勝した中、土日に第25節延期分の4試合が開催され、月曜から水曜の3日間で第27節が行われる。

まずは第25節延期分から。日曜には3位インテル(勝ち点54)とDF吉田の所属する16位サンプドリア(勝ち点26)が対戦する。インテルは中断前の試合で首位ユベントスに敗れ、暫定9ポイント差を付けられている状況。そして中断後のコッパ・イタリアではナポリに惜敗し、決勝進出を逃した。逆転優勝に向けて必勝が求められる中、勝ち点3を積み上げられるか。

対するサンプドリアはチーム内に新型コロナウイルス(COVID-19)にかかった選手が複数人出た中、再開初戦を迎える。ラニエリ監督は難しいチームマネジメントを求められるが、再開前のヴェローナ戦で先発デビューを飾り、チームの勝利に貢献して見せた吉田としてはFWルカクとFWラウタロ・マルティネスの強力2トップをいかに止めるかに注目したい。

続いて月曜から水曜にかけて行われる第27節。月曜にはボローニャvsユベントスが開催される。再開後のコッパ・イタリア2試合では低調な試合を演じてしまい、優勝を逃したユベントス。リーグ戦再開に向けて勢いを付けられなかった中、2位ラツィオに1ポイント差とされているリーグ戦へ、うまく気持ちを切り替えることができるか。

一方、今季の1stマッチでは負傷のため欠場していた冨安としてはFWロナウドと初対戦となる。ポジション的にも完全にマッチアップする可能性が高い中、C・ロナウドを止められるかに注目だ。

続いて水曜に行われる4位アタランタ(勝ち点48)と2位ラツィオ(勝ち点62)の上位対決。アタランタは日曜に行われるサッスオーロ戦で一足早く実戦をこなせるアドバンテージを生かしたい。4位死守のために負けられない一戦となる。

対するラツィオはこのアタランタ戦が再開後の初戦となる。コッパ・イタリアを見る限り、ユベントスが躓きそうな気配を漂わせているだけにラツィオとしてはスクデット獲得へ大きなチャンスが巡ってきていると言えそうだ。試合勘の乏しさがどう影響するか、好リスタートを切りたい。

アタランタを暫定3ポイント差で追う5位ローマ(勝ち点45)は、吉田のサンプドリアと水曜に対戦する。日程面でのアドバンテージを生かし、アタランタを追走したい。一方、強豪との2連戦となる吉田としては自身の価値を高める上では打ってつけの相手となる。好パフォーマンスに期待だ。

◆セリエA第25節延期分

6/20(土)

《26:30》

トリノvsパルマ

《28:45》

ヴェローナvsカリアリ

6/21(日)

《26:30》

アタランタvsサッスオーロ

《28:45》

インテルvsサンプドリア

◆セリエA第27節

6/22(月)

《26:30》

レッチェvsミラン

フィオレンティーナvsブレシア

《28:45》

ボローニャvsユベントス

6/23(火)

《26:30》

SPALvsカリアリ

ヴェローナvsナポリ

《28:45》

トリノvsウディネーゼ

ジェノアvsパルマ

6/24(水)

《28:45》

インテルvsサッスオーロ

アタランタvsラツィオ

ローマvsサンプドリア