バルセロナのキケ・セティエン監督が元スペイン代表DFジェラール・ピケのリーガ優勝難しい発言に反応した。スペイン『マルカ』が報じている。

前節終了時点で2位レアル・マドリーに2ポイント差をつけ、首位に立つバルセロナ。19日に敵地で行われたラ・リーガ第30節のセビージャ戦は0-0のドローに終わり、1試合未消化分を残すレアル・マドリーの今節次第で勝ち点が並び、当該成績で首位陥落の恐れがある。

その結果を受け、ピケは試合後、スペイン『Movistar+』のインタビューで「リーグ優勝はすごく難しいと思う。できる限りのことはやっていくが、(レアル・マドリーが)多くのポイントを落とすとは思っていない」と発言した。

しかし、セティエン監督は試合後、その件を訊かれると、釈明。また、「私はレアル・マドリーも全勝で突き進むとは思っていない」とも語り、まだ優勝の芽があると力説した。

「その瞬間のフラストレーションによるものだろう。特に、前半は良いプレーをしていたわけだからね。今の感覚はポジティブなものじゃないかもしれないが、明日になれば、異なる考えになってくれるはずだ」

「私はレアル・マドリーが全勝で突き進むと思っていない。現実的に言うと、我々次第じゃなくなってしまったが、この状況が変わる可能性だってある。全勝が難しいのは承知済み。そして、実際にできなかった」