[遂に開幕。プロ野球2020・ドコモなら月額980円(税抜)で見放題・初回31日間無料]

 今年、呪われたように感染症にかかった巨人坂本勇人内野手(31)が開幕にギリギリ間に合った。6月19日、延期となっていたプロ野球が開幕。退院7日後となった開幕阪神戦に先発出場した坂本は1安打を放ち、球団6000勝のメモリアル白星に貢献した。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/

 険しい道のりだった。1月の自主トレ中にインフルエンザB型を発症。キャンプインした2月7日にはインフルエンザA型に感染し、一時離脱した。さらに開幕に向けた練習試合がはじまった矢先の6月3日には新型コロナウイルス検査で陽性反応。無症状でも、10日間の入院生活を余儀なくされた。

 SNSには厳しいコメント、心ない書き込みもあった。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の頭文字をとって「(インフルで)A、Bときて(コロナの)Cって」「感染症の3感王!」「何億円ももらっているスーパースターなのに自己管理できないのはプロ失格」

 昨年のリーグMVPで、連覇を狙う巨人の主将。自覚が足りないといえばそれまでだが、関係者によると「好きな外出を控え、体調管理には十分注意を払っていた」という。厄年という他ないのは、大記録が幻になってしまったこともある。

 開幕前まで通算1884安打。7月29日まで残り116安打を放てば、榎本喜八の持つ31歳7か月16日の史上最年少2000安打記録を更新できた。昨季の安打ペースであれば51年ぶり快挙も夢ではなかったが、コロナ禍で開幕が延期し、数字上は絶望的。ツキもない。

 それでも主将として、早期復帰だけを見据えた。コロナ陽性で入院生活中は部屋の中でできる範囲のトレーニングを欠かさなかった。とはいえ、感染症にかかった後は体に負担がかかり、体力は落ちる。実践練習もできず、退院後は2軍戦に2試合出場しただけだった。

 坂本と同時期にコロナ陽性となった大城卓三捕手は、レギュラー候補だったが開幕スタメンマスクを逃した。それでも坂本を「2番遊撃」で起用した原監督は「ベッド、夢の中で試合も相当したらしい。全く違和感ない」。坂本への信頼感は特別だった。

 開幕戦の試合前、ベンチ裏で組んだ円陣で、手と手をつないだスタッフ全員に坂本は呼びかけた。「きょう開幕できることに感謝の気持ちを持って、1年間戦っていきましょう。みんなで助け合って頑張っていきましょう。絶対、優勝しましょう!」。さまざまな思いを抱えた坂本の逆襲がはじまる。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
巨人退団後に大化けした選手たち https://cocokara-next.com/athlete_celeb/players-who-succeeded-after-leaving-the-giants/