ドルトムントは19日、スイス代表GKロマン・ビュルキ(29)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。

今夏の移籍市場ではチェルシーからの関心も伝えられていたビュルキだったが、複数のドイツメディアがサイン間近と報じていた通り、2021年となっていたドルトムントとの現行契約を新たに2年延長することになった。

今回の契約延長に際してビュルキは、「ボルシア・ドルトムントでとても幸せだよ。クラブ首脳陣、監督。そして、仲間たちからの信頼を感じることができているんだ」と、喜びのコメントを伝えている。

一方、スポーツ・ディレクター(SD)のミヒャエル・ツォルク氏は、「ブンデスリーガで最も安定したゴールキーパーの1人であるロマン・ビュルキと今後も共に仕事ができることを嬉しく思う。これは重要なポジションに優れたプレーヤーを長期的に留めておくという、大きな意味を持っている」と、頼れる守護神との契約延長に満足感を示している。

2015年夏にフライブルクから加入したビュルキは、以降5シーズンに渡ってドルトムントの守護神に君臨。今シーズンも公式戦37試合に出場し、12回のクリーンシートを達成するなど、攻撃的なチームを後方から支えている。

また、先日にはドルトムントでの公式戦200試合(現在206)出場を達成していた。