-野球女子の記事一覧はこちら- 

 今夏の全国高等学校女子硬式野球選手権大会で、準優勝という成績を収めた履正社。新チームで主将を務めるのが、二塁手の中阪麻優花(2年)だ。高い守備力を武器に1年夏からレギュラーとして活躍し、プレーでチームを牽引している。今回は中阪の野球人生と今後の目標について語ってもらった。

【中阪麻優花選手】

 大阪府和泉市出身の中阪。現在は福井工業大でプレーしている3歳年上の兄・颯太さんの影響で小学1年生から野球を始めた。中学時代は泉州阪堺ボーイズでプレー。男子と徐々に差が出始めて、レギュラーにはなれなかったが「スピードでは勝てないけど、技術で勝負できることがあれば」と、男子のプレーを参考しながら自分の実力を伸ばすための努力を怠らなかった。

 泉州阪堺ボーイズの先輩には、先日のドラフト会議で楽天から2位指名された智辯和歌山の黒川史陽がいた。努力家として知られ、5季連続で甲子園に出場した先輩は憧れの存在だ。

「黒川さんは野球に対する意欲が半端じゃなかったです。人一倍努力する人でした。甲子園を見ていると、あんな風になりたいなと憧れます」

 中阪も黒川に劣らず努力家だ。通学には片道2時間を擁し、起床は5時半、帰宅するころには午後10時を回っている。そんな中でも帰宅後には1日30分以上の素振りを欠かさない。課題だった打撃を磨いたことで、1年生からレギュラーの座を掴んだ。ここまで努力を続ける理由についてこう答えてくれた。

「自分がやりたいと思ってここ(履正社)に来て、親も野球を不自由なくさせてくれています。自分が決めたことなので、やり通さないといけないと思います」

【練習中の中阪麻優花選手】

「もっと上のレベルに挑戦したい」と自ら希望して履正社に入学した。「好きになったらとことんやるタイプ」という中阪は初志を曲げることなく、向上心を持って練習に励んでいる。

 夏の選手権が終わってからチームメイトの投票で主将に選出された。先頭に立って引っ張るタイプではないという中阪は「最初は不安だらけで、今も自信はない」と話すが、責任感を持って最後までやり遂げるつもりだ。主将として取り組んでいることは、広い視野を持つことだという。

「周りをよく見て、コミュニケーションをたくさんとって、どうしたらチームが良くなるかを自分なりにやっています」

 履正社は上下関係がほとんどなく、練習では学年問わずに声が活発に飛んでいる。こうした空気があるのも主将の努力があってこそ。チームはこの夏にあと一歩で届かなかった日本一を目指している。

【インタビューに答える中阪麻優花選手】

「次の夏は最後なので、『先輩たちの負けを無駄にしないように』と思いながら練習に取り組んでいます。チームが勝つために自分が一人の選手として、キャプテンとしてできることを全力でやりたいです」

 日本一を勝ち取るために練習内容や挨拶など些細なことから日本一を目指して取り組んでいる。優勝まで1アウトから逆転された悔しさをバネに、来年は雪辱を誓う。

 将来は「女子野球が普及できるように取り組んでいけたらいいなと思います」と話す。着実に増えている女子野球人口の若き担い手として、これからの活躍に期待したい。

記事:馬場遼