ゴールライン・テクノロジーのミスか、元英代表「なぜゴールが見逃されるんだ?」

 海外サッカー、イングランド1部プレミアリーグは17日(日本時間18日)にリーグ再開。シェフィールド・ユナイテッド対アストンビラは0-0に終わった。この試合でゴールライン・テクノロジー(GLT)の不具合が発生。明らかなゴールが見逃されたことに対し、SNS上で驚きが広がっているようだ。

 明らかにゴールラインを越えているように見える。“幻のゴール”は前半42分に生まれた。シェフィールド・ユナイテッドは、敵陣ペナルティーエリアに近い左サイドからFKを獲得。キッカーが右足でゴール前に蹴り込んだボールはファーサイドへ。ゴールの枠を捉えており、反応したアストンビラのGKエルヤン・ニーランはジャンプしながらキャッチした。しかし、直後に味方選手と接触。ボールを持ったままバランスを崩して後ずさりしたのだ。

 ゴール真横から見ると、ボールはゴールラインを越えているように見える。得点に手を挙げて喜ぶシェフィールド・ユナイテッドの選手たち。しかし、ゴールは認められず。主審は腕につけたデバイスが振動しなかった、というようなジェスチャーをしながらプレーを続けるよう選手に促した。

 なぜノーゴールとなったのか。英公共放送BBCスポーツによると、原因はGLTの不具合にあったようだ。プレミアリーグで導入されたGLTを開発している「ホーク・アイ・イノベーションズ」は、試合後にゴールを認めたという。本来なら、GLTは設置された7つのカメラでゴールを監視し、ボールがゴールラインを越えた時点で主審が腕につけているデバイスが振動。ゴールが伝えられる仕組みになっている。

GLT開発会社「素直にお詫びいたします」

 BBCスポーツによると、「ホーク・アイ・イノベーションズ」は「プレミアリーグとシェフィールド・ユナイテッド、そしてこの事件によって影響を受けたすべての方々に素直にお詫びいたします」と発表。不具合の発生は、過去9000試合以上で初めてのケースだと加えたそうだ。

 プレミアリーグの審判団を管轄する「プロフェッショナル・ゲーム・マッチ・オフィシャルズ・リミテッド」は、ビデオ・アシスタント・レフェリーが介入しなかった理由を説明。主審が腕につけているデバイスが振動しないという珍しい状況だったからとしている。

 元イングランド代表のガリー・リネカー氏はツイッターで「今日ではゴールライン・テクノロジーでさえ議論の対象になる。奇妙な時代だ」と投稿。同じく元イングランド代表のジョーイ・バートン氏も「どうすればあのゴールが見逃されるんだ?」とツイートしている。新型コロナウイルスの影響による中断からの再開初戦で起きた“9000分の1”の珍事。シェフィールド・ユナイテッドにとっては、思わぬ形で勝ち点を落とす結果となった。(THE ANSWER編集部)