ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督がコッパ・イタリア決勝戦に向け、意気込みを語った。

13日にホームで行われた準決勝2ndレグのインテル戦を1-1の引き分けで終えたナポリ。2戦合計スコア2-1で、決勝進出を決めた。

17日に行われる決勝の相手はユベントス。ガットゥーゾ監督はイタリア『RAI Sport』で、その強敵との対戦について警戒を怠らず、ナポリのストロングを発揮しなければならないと話した。

「ユベントスとの対戦に良いタイミングなんて決してない。彼らのDNAや歴史を考えても、いつだって準備ができているチームだと思うからだ」

「彼らは何年間にもわたり、一貫性と素晴らしいメンタリティがある。彼らを尊重しなければならないが、自分たちの強みを出して戦う必要がある」