16日、バイエルンはブンデスリーガ第32節でブレーメンと対戦。日本代表FW大迫勇也がフル出場した試合は、1-0でバイエルンが勝利した。

破竹の10連勝で前人未踏の8連覇に王手をかけた首位のバイエルンは、エースであるポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのゴールで逃げ切りに成功。8年連続29回目のブンデスリーガ制覇を成し遂げた。

バイエルンにとって30度目のリーグ優勝となった今シーズンのタイトル。前述の通りブンデスリーガになってからは29回目の優勝となるが、この数字は他の全クラブのタイトル数を上回ることとなった。

ブンデスリーガは1963年に設立。今シーズンを含め、57度のシーズンを送ってきた。バイエルンがそのうち29回優勝しており、残りの優勝回数は28となったため、バイエルン一強をまざまざと見せつける記録となった。

ちなみに初代王者はケルン。バイエルンがブンデスリーガで初優勝したのは、1968-69シーズンであり、ブンデスリーガ設立6シーズン目のこと。1971-72シーズンからは3連覇を達成も、当時はボルシアMGの方が上回っていた。

◆ブンデスリーガ優勝回数

バイエルン/29回

ドルトムント/5回

ボルシアMG/5回

ブレーメン/4回

ハンブルガーSV/3回

シュツットガルト/3回

カイザースラウテルン/2回

ケルン/2回

1860ミュンヘン/1回

ブラウンシュヴァイク/1回

ニュルンベルク/1回

ヴォルフスブルク/1回