6月14日、リーガ・エスパニョーラ第28節。レアル・マドリードはディ・ステファノスタジアムにエイバルを迎え、3-1で勝利している。コロナ禍によるリーグ戦中断を経て、3カ月ぶりの再開。チーム練習は十分と言えず、本拠地サンティアゴ・ベルナベウは改修中とあって、トップコンディションは望めない。本来の出来には程遠かったが、戦力差で押し切った。

「力半分でも、マドリードは多勢なり」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』は、そんな見出しでこの一戦を評している。

 レアル・マドリードの強さの源泉とは--。



エイバル戦で2点目を挙げたセルヒオ・ラモス(左)とエデン・アザール

 エイバル戦の前半2分、マドリードはいきなり本性を見せた。

 中盤での攻防で、一度ひっかけられたボールをカゼミーロがカットし、こぼれ球をダニエル・カルバハルが拾い、カゼミーロにつなげる。カゼミーロは素早く、前方のエデン・アザールにつける。アザールはボールを持ち運び、キープしながら、後方のカゼミーロに預ける。カゼミーロは直接、浮き球で左サイドのカリム・ベンゼマへ。ベンゼマは左サイドを縦に持ち込み、相手2人の間を割って入ろうとしたが、エリア内でカットされる。だがその甘いクリアを拾ったトニ・クロースは、右足ダイレクトで右上隅にコントロールし、先制に成功した。

 球際の執着、切り替えの早さ、ボール技術の高さ、推進力、そして落ち着き。そのすべてが凝縮された先制点だった。

 レアル・マドリードは卓抜とした個人が、組織を動かすことができる。

 ジネディーヌ・ジダン監督はレアル・マドリードで欧州3連覇を成し遂げているが、戦いの基本は効率重視の「リアクション戦術」にある。守備を分厚くし、待ち構え、入ってきたボールを奪い、裏返すようなカウンターを仕掛ける。エイバル戦も、ボールを持たせながら、敵が防御線に入った途端、厳しく守備。ボールを引っかけた瞬間、ルカ・モドリッチやクロースから自動的に裏へ走るアザール、ロドリゴ・ゴエスの2人にパスが出ていた。リスクを最小限に、戦力的優位を導き出せる。

「我々はこの奇異な状況を理解している。マドリードの選手は、全員がチャンピオン。環境に適応する術を知っている」

 エイバル戦後、ジダンは証言しているが、”戦いを知る選手”たちのプレーは老獪だった。セルヒオ・ラモス(34歳)、モドリッチ(34歳)、マルセロ(32歳)、ベンゼマ(32歳)、クロース(30歳)といったベテランは、勝負の勘どころを心得ていたのだ。

 29分、ラモスが縦パスをカットすると、そのまま攻め上がり、ベンゼマへパスを送る。ベンゼマはドリブルで持ち上がり、逆サイドのアザールに通す。アザールはGKと1対1になった後、ゴール前まで疾駆したラモスに折り返し、2点目を奪った。ゴールまでの時間、手数、どちらも最小限だった。

 35分にも、左サイドの自陣深くでクロースがボールを奪い、カウンターを発動。ロドリゴ、ベンゼマ、カルバハル、アザール、ベンゼマ、アザールと、流れるように敵陣までボールをつないでいる。アザールの右足シュートはブロックされたが、クリアが弱くなったところ、それを拾ったマルセロが左足を一閃した。

 レアル・マドリードは前半だけで3-0とリードを広げ、ほぼ勝利を手中に収めている。それが気のゆるみになったのか、後半に入ると、反発したエイバルにペースを奪われて、59分には1点を返された。

 60分、ジダンは3人を一斉に交代させたが、状況を好転させることができていない。特に交代で入ったガレス・ベイルの動きは鈍く、単純なパスミスもあって、足を引っ張っていた。観客が入っていたら、猛烈なブーイングを浴びていただろう。

 前後半トータルで考えると、レアル・マドリードは完勝したわけではない。しかし、勝ち切るところに彼らの本質はあるだろう。

「(お互いのフィジカル面が落ちている時)技術面で優れた選手は受ける影響が少ない。その意味で、マドリードは個人の能力の高さが最大の利点で、それを生かし、ゴールを決めた。偉大なサッカーをしなくても、簡単に勝ってしまった」

 エイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督は敗戦の弁を洩らしているが、核心を突いている。

 レアル・マドリードは世界に冠たるクラブである。選手層が厚いだけでなく、トッププレーヤーの選抜。組織のほつれやうまく働かない箇所が多少あっても、それを”もみ消す”強さがあるのだ。

 そして指揮官であるジダンは、チームマネジメントに長けている。彼自身が現役時代に常勝軍団にいて、多くの栄光を勝ち取ってきた経験もあるだろう。プレーの美しさなどに酔うところがなく、実務的な勝利を目指せるのだ。

 6月18日、第29節。レアル・マドリードは再び本拠地にバレンシアを迎えて戦う。首位、バルセロナとの勝ち点差は2。勝利のみが正義だ。