中野友加里インタビュー第2回、フィギュア人気の裏にある「待機選手問題」とは

 元フィギュアスケートの中野友加里さんが昨年3月、勤務していたフジテレビを退社し、再びフィギュア界で活動を始めた。解説者として競技の魅力を発信する傍ら、「ジャッジ」といわれる審判員としても活躍。世界選手権に3度出場し、05年グランプリ(GP)ファイナル3位など実績を残した、かつての名スケーターがこのほど「THE ANSWER」のインタビューに応じた。

 全3回に渡ってお届けする第2回は「中野友加里と考えるフィギュアスケートの魅力」。フィギュア人気の高い日本において、「やる魅力」と「見る魅力」について語り、独自に成り立っている選手とファンの関係性を「パートナー」と表現。そして、フィギュアのさらなる普及、発展に向け、ジュニア指導の現場で増えつつある“待機選手問題”についても声を上げた。

 ◇ ◇ ◇

 フィギュアスケート界において、日本は今、競技熱の高い国の一つとして知られている。

 3回転アクセルを跳んだ伊藤みどりの登場以降、荒川静香、浅田真央ら多くの女子スケーターが国際舞台で活躍し、男子も高橋大輔、織田信成らが台頭。そして、羽生結弦の出現によりフィギュア人気は最高潮に達し、現在は紀平梨花、宇野昌磨らと共に日本勢を牽引している。そんな今だからこそ、改めて競技の魅力を考えてみたい。まず、フィギュアの「2つの魅力」について、だ。

 フィギュアスケートは他のスポーツと同様、「やる魅力」と「見る魅力」が存在している。

「やる魅力」について。3歳でフィギュアを始め、24歳で引退するまで21年間、年に休みが1日もない時期もあったほど、没頭してきた中野さん。「長く続けてこないと分からない部分かもしれませんが……」と前置きした上で、選手目線での魅力を明かす。

「長く続ければ続けるほど、やみつきになる競技なんです。スケートリンクの広さは30×60メートル。あの広い場所で観客席、審判の方々の目線を一身に浴びるスポーツはなかなかない。そして、滑り始めから滑り終わる時まで応援しながら見ていただき、良かった時はスタンディングオベーションで迎えていただける。自分が納得いく演技できて、観客の皆さんから称賛の声をいただけると達成感に変わり、『次もやらなきゃ』『これだからやめられない』という気持ちになる。それが私が続けられた原動力です」

 一方で「見る魅力」についてはどうか。

「一つのスポーツでありながら、様々な技術の要素が凝縮されていること。ただ踊って見せているだけじゃなく、ジャンプがあって、スピンがあって、踊りもある。様々な要素がありながら、スケート靴を履いて氷の上を滑るスピードも魅力。あれだけのスピードを出せるのはスケート靴を履いているからならでは。見る人にとっては、そういうところも魅力的になっていると思います」

 競技の特徴の一つが「選手とファンの関係」だ。“選手が演技する、ファンが応援するだけ”でなく、フィギュアスケートという競技を一緒に空間を作る「パートナー」のような側面もある。中野さんも現役時代、ファンの存在の大切さを実感してきた。

「特に嬉しかったことは、大きな大会になると、選手の名前が入った垂れ幕が増えることです。作ること自体、特に選手の了承が必要なわけではないので、自分が知らないところで作っていただいている。なので、会場に入って客席を見渡した時、垂れ幕が目に入ると『あ、応援してくれている人がいるんだ』と、すごく会場に親近感が沸くんです。親近感が沸くと、安心してスケートを滑ることができる。味方がいる感じがして、まさに競技の一体感を生む『パートナー』として関係が成り立っていると思います」

 特に現役時代、選手ながら感銘を受けた日本人ファンの姿がある。

「フィギュアの世界で血がつながっている」―フィギュア選手がファンに救われる時

 今も忘れられない、氷の上から見た風景。それは「マナーの良さ」だった。

「日本のファンの皆さんがすごいなと思うのは、海外の大会では選手の名前がコールされてもしゃべり声でざわざわした空気が残ることがありますが、日本では誰もしゃべらない。誰か一人が咳をしたら分かるくらい、音楽が鳴るまでにさーっと静かになる。そういう競技はすごく特殊なのじゃないかと思います。選手と同様に、観客も選手と一緒になって緊張してくれている感じがあり、見守ってくれる意識をいつも感じていました。だからこそ、選手とファンの関係が特別で親密なものになるのかなと思います」

「選手とファン」について競技人生で感じてきた関係性を明かした中野さん。「特別」であり、「親密」な存在だったからこそ、選手がファンに救われることがあったという。自身の場合、観客が自分の演技を見て、泣いている人を目の当たりにした時だ。

「演技後、感動して泣いている方がスクリーンに映った時、すごく嬉しくなったんです。もちろん、ファンの方が涙するシーンは他のスポーツでもありますが、個人競技で自分一人のパフォーマンスに感動して泣いてくれる方がいるということ。普通だったら、両親、家族くらい。そう考えると、本当の血のつながりはないけど、フィギュアスケートの世界で血がつながっている感じ。日本人としてのファンを誇りに思うことがありましたし、私にとってはみんな一緒に戦ってくれている思いが伝わった瞬間でした」

 そういうファンの存在が選手にとって「次の大会に背中を押してくれる一つの要因になっていた」という。ちなみに、中野さんが最も感激した大会は、スウェーデンで行われた2008年の世界選手権だ。フリーで会心の演技を見せ、自己最高の4位に入った。

「最終滑走者でたまたまいい演技ができたんです。通常はジャッジの人は立つことはありませんが、ジャッジまでスタンディングオベーションをしてくれて。駆けつけてくださった日本のファンに加え、海外のファンまで同じようにスタンディングオベーションをしてくれた。こんな瞬間、もう他にない。会場が一つになった一体感が生まれた大会。今でも目に焼き付いている光景です」

「選手とファン」のみならず「選手と選手」の関係性も特徴的だろう。試合は優勝を目指し、しのぎを削るライバル。しかし、リンクを離れれば、友人同士になる。大会後に行われる関係者のパーティー(バンケット)では種目、国籍関係なく、交流を図る。

 選手の仲が良い理由について、中野さんは「小さい頃からずっと一緒に戦っていることが大きいかもしれない」と感じている。

「例えば(同じクラブ出身の)小塚崇彦君は彼が3歳のときから知っているくらい。スケートの姉弟みたいな感じです。そういう中で、どの選手もスケートの仲間、家族のような関係性になっていく。小さい頃から刺激し合える存在であることが、選手同士の仲が良い要因。引退した今も連絡を取る子もいるし、年賀状を毎年くれる子もいるし、気にかけてくれていると感じて嬉しくなります」

 フィギュアスケートは個人による採点競技。「戦うべきは常に自分」という価値感が強いから、他者を尊重できる。

「同じ試合であっても、戦いは個人で成り立っています。その日の調子によって出来は変わるし、結果も変わってくる。でも一度出た結果は変えられないもの。勝った人は称えるべきだし、負けた人は『また一緒に頑張ろう』と互いに切磋琢磨していく。勝ち負けはしょうがないと私自身思っていたし、最後まで一緒の舞台で戦った嬉しさを一緒に分かち合う感覚の方が大きかったです。

 そういう風に大会に出場していると、いろんな選手と遠征先で顔見知りになっていくもの。試合数を重ねてうちに話すようになり、連絡先を交換して、どんどん輪が広がっていく。そこに種目も国籍も関係ない。特に試合が終わったら弾けて、みんなで一緒にご飯を食べに出かけたりトランプで遊んだりしていた。他のスポーツにはあまりない競技の良さの一つだったかもしれません」

 遠征で最も多く一緒になったのは安藤美姫さん、浅田真央さん。荒川静香さんは今もママ友として相談することもある。海外勢ではトリノ五輪男子銅メダリストのジェフリー・バトル(カナダ)、バンクーバー五輪女子銅メダリストのジョアニー・ロシェット(カナダ)らと多くの時間を共にしたことが思い出にある。誰もがフィギュア界で同じ時代を過ごしてきた大切な「家族」だ。

競技人口が増える一方で感じる課題「“待機選手”の存在があるんです」

 競技人口が増えるフィギュアスケートの未来に向け、課題もある。

 引退後はフジテレビでスポーツ記者として、様々な競技を取材してきた中野さん。昨年3月に退社後は解説者のほか、ジャッジとしても活動し、複数の角度からスケート界を見つめている。今、問題に感じているのが、ジュニア世代の“待機問題”という。

「今、保育園の待機児童みたいに、“待機選手”の存在があるんです。スケート教室にも入れない、スケートクラブにも入れない。羽生結弦選手に憧れ、スケートを始める子供もたくさん増えたのですが、一方でスケートリンクが足りない状況にあります。結果、入会できるクラブの人数も制限され、待機している子供たちがいる現実があります。

 そういう子たちを解消するために減りつつあるスケートリンクを維持していく、もしくは増やしていくしかない。場所も維持費も大変なことは承知の上ですが、一つの大きな課題。スケート人口が増えることがいいことには間違いないので、是非、たくさんの子たちがスケートクラブの一人になって、私はジャッジとして多くの子を採点したいです」

 競技がより普及、発展していくためには、冒頭の「見る魅力」だけじゃなく「やる魅力」が広がっていく必要がある。特に、小さい子供たちがフィギュアスケートをすると、どんな人格的な成長が得られ、その後の人生を豊かにするのかは、大切な価値だ。

 中野さんは「気持ちが強くなること」に加え、「継続する力が身につくこと」を挙げた。

「フィギュアスケートは一つ一つの技術を習得する要素が多く、時間がかかる競技。スケート靴を履いたら、すぐに滑れるようになるわけではない。ボールを投げる動作は何度か繰り返すうちに、なんとなく上達できるかもしれませんが、氷の上という不自由な場所で競技をするから、綺麗に動作をこなせるようになるまでは継続が必要になる。なおかつ、毎日積み重ねて努力をしないとトップ選手になれない。『継続は力なり』を教えてくれるのがフィギュアスケートだと思うし、その価値が広まってほしいです」

 長い歴史において、全盛ともいえる人気を見せている日本のフィギュアスケート界。中野さんは自分を育ててくれた競技に対する恩返しの気持ちとともに、今を過ごしている。全国のリンクで広がる風景がより輝き、明るい未来につながることを願って。

(17日掲載の第3回は「中野友加里が語る、羽生結弦の凄み」)(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)