アトレティコ・マドリーのキャプテンを務めるスペイン代表MFコケが再開初戦のアスレティック・ビルバオ戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて中断していたラ・リーガ。3月初旬に行われた第27節以来、約3カ月ぶりの実戦となった。

試合はビルバオが37分にイケル・ムニアインのゴールで先制するも、アトレティコは直後の39分にジエゴ・コスタがネットを揺らし同点に。その後一進一退の攻防が続くも、試合終盤には途中出場のDFサンティアゴ・アリアスが決定期を迎えるが、GKウナイ・シモンのセーブに阻まれ、1-1のドローに終わっていた。

試合を振り返ったコケは、新たな環境での試合が難しいと語りながらも、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて勝ち続ける必要があると語った。

「とても激しい試合だった。新しい状況に適応する必要がある。最初の試合だったが、これ以上失敗することはない。僕たちは難しい場所で引き分けることとなった。チャンピオンズリーグに参加したいので、3ポイントずつ獲得し続ける必要がある。後半の後半ではチャンスが増えたけど、勝つことは不可能だった」

「前半は相手が僕たちよりも優れていて、全てにおいて上回っていた。彼らのゴールの後、僕たちは少し変化し、追いついた。後半は僕たちは素晴らしかったと思う。2点目を奪うチャンスも作っていた」

また、サポーターがいない中でプレーすることについても言及。新たなスタンダードであることを受け入れなければならないと語った。

「とても違うし、珍しいことだ。結局、これは新たな日常であり、それに慣れ、順応し、最善の方法で立ち向かわなければならない。なぜなら、最も良い状態で順応する人は、誰でもその有利な点を得るからだ」

「リーグ戦が戻ってきてとても幸せだ。結局争うことは良いし、僕たち全てをより良いものにし、本当に競争したかったと感じる」

「3ポイントを獲得できないことは残念だけど、水曜日の試合について考えなければならない。この新しい日常では、3日ごとにプレーするので、考える時間がないまま戦う必要がある」