衣装デザイナーキャロン氏の新作マスクをチョックが着用

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)らの衣装をモデルにしたマスクが話題を集めていたが、アイスダンスのマディソン・チョック(米国)が新作マスクをつける姿を、カナダの衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏が公開した。自身のインスタグラムに画像を投稿している。

 実にオシャレな仕上がりだ。以前は黒のトゲ付きマスクが話題を呼んでいたが、今回はデザインを一変させた。キャロン氏の新作マスクは、カーキ地にオレンジで無造作なペイントを施している。着用したチョックは鋭い眼光をカメラに向けている。クールな仕草も印象的だ。

 収益をWHOの「新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付するために販売されているマスク。キャロン氏は「このカモフラージュ柄からインスパイアされた(マスクは)あなたの都会生活にぴったりだ。カーキとオレンジのコントラストを楽しんで。上質コットンとポリエステルを材質に最高の着け心地」と説明を加えている。

 新型コロナ禍の中でマスクが手放せない状況はしばらく続きそう。オシャレマスク需要は今後ますます高まっていくかもしれない。(THE ANSWER編集部)