ファブレ監督が決勝弾後に喜びのあまり左足を負傷

 海外サッカー、ドイツ1部ドルトムントは13日、ブンデスリーガ第31節でデュッセルドルフに1-0で辛勝。後半アディショナルタイムにノルウェー代表FWハーランドの劇的な決勝弾で勝利を飾った。ファブレ監督が喜びを爆発させるあまり左足を負傷。現地メディアによると、肉離れの疑いがあるという。

 歓喜の代償は大きかった。後半アディショナルタイムも5分が経過。このままスコアレスドローで終わるのかという展開だったが、19歳ハーランドが頭で決勝点を叩き込んだ。あまりに劇的な結末に指揮官も歓喜を爆発させた。

 笑顔で両手を掲げ、飛び跳ねながらガッツポーズ。しかしその瞬間だ。左足のふくらはぎを押さえ、満面の笑みが苦悶の表情へと変わった。

 指揮官を襲ったアクシデントを伝えているのは、ドイツ大衆紙「エクスブレス」だ。「BVBがとんでもないことに ファンは盗まれたゴールに激怒、ファブレ監督は歓喜で負傷」の見出しで、VARによるハンドの判定でゴールが取り消されたことも合わせて伝えている。

昨秋にも左足を負傷、指揮官は平然「心配ご無用。私は打たれ強い」

 記事では「終了間際(90+5)にハーランドが決勝ゴール。ファブレ監督は飛び上がって喜んだが、どうやら左ふくらはぎはそれについていけなかったようで、突如左足を押さえた。筋繊維断裂(肉離れ)を疑われている」と報じている。

 またドイツメディア「シュポルトブッツァー」はファブレ監督が現地紙「ビルト・アム・ゾンターク」に試合後に語った談話を紹介している。

「心配ご無用。私は打たれ強い」とコメント。12日の練習で足を痛めていたことも明かしている。指揮官は昨秋にも左足を負傷していたが、喜びのあまり当時のことを忘れ、決勝ゴールに飛び上がってしまったということだった。

 ラストプレー弾で勝ち点3を加え、首位のバイエルン・ミュンヘンの今節での優勝を阻止したドルトムント。ファブレ監督の執念でどこまで食い下がれるだろうか。(THE ANSWER編集部)