シェフィールド・ユナイテッドは13日、アイルランド代表FWデイビッド・マクゴールドリック(32)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。

ノッツ・カウンティでプロデビューを飾ったマクゴールドリックは、サウサンプトンやノッティンガム、イプスウィッチなどでプレーすると、2018年の夏にブレイズに加入。当初は単年契約だったが、加入初年度にチャンピオンシップ(イングランド2部)45試合に出場し15ゴールをマーク。13年ぶりのプレミアリーグ復帰に大きく貢献した。

この活躍が認められ、延長オプションの行使を勝ち取ったマクゴールドリックは、今シーズンもここまで公式戦22試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。

新契約にサインしたマクゴールドリックは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「今後2年間を過ごす場所は他にはないよ。僕はここで新たな契約にサインし、クラブと共に素晴らしい旅を続けるつもりだ」

「そして、スムーズかつ迅速に会議の場を用意してくれた監督には感謝している。今はすべての人の人生の中で最も奇妙で恐ろしい時期だが、クラブから素晴らしい知らせが来て、そして僕の将来を約束することができて嬉しいよ」