上品なマスク姿をデザイナーが紹介「息を飲むほど素晴らしい」

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)らの衣装をモデルにしたマスクが話題を集めていたが、今度はアイスダンスのマディソン・チョック(米国)が美しくポーズを決めた“上品マスク”が登場した。カナダの衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏が「ロマンティックな最高傑作」とインスタグラムで画像を公開している。

 美しさが際立っている。チョックが着用した1枚のマスク。淡いピンクの布の顎部分に沿って無数のスパンコールが散りばめられている。モデルのようにポーズを取り、目を閉じる1枚も。衣装の色もマスクに合わせたようだ。

 キャロン氏は動画と2枚の画像を3回に分けて投稿。文面には「このロマンティックなマスクでいつも上品でいましょう。これは限定デザインです」「この華やかなデザインは息を飲むほど素晴らしいです。マスクの上で輝くパールとクリスタルによってあなたは魔法にかかっているようになるでしょう」「ロマンティックな最高傑作」と紹介している。

 収益をWHOの「新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付するために販売されているマスク。公式サイトによると、布部分は綿とポリエステルでできているという。ファッション用のため医療保護目的で作られたものではないと説明されているが、おしゃれな1枚にデザイナーも自信を持っているようだ。(THE ANSWER編集部)