株式会社運動通信社
一般財団法人アスリートフラッグ財団

この度、インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」を運営する株式会社運動通信社(東京都港区、代表取締役社長:黒飛功二朗)は、一般財団法人アスリートフラッグ財団が運営するスポーツギフティングサービス「Unlim(アンリム)」と連携し、「SPORTS BULL(スポーツブル)」内にスポーツギフティングプラットフォーム「Bull’s Support(ブルズサポート)」を2020年6月10日(水)よりサービス開始したことをお知らせします。

◆ Bull’s Support(ブルズサポート)について
Bull’s Supportは、スポーツギフティングサービス「Unlim」と連携し、アスリートやチームが金銭的支援を受けることができるスポーツギフティングプラットフォームです。6月5日時点で、56名(組)のアスリートやチームに対して応援をすることができます。
今後は、参加しているアスリートやチームの魅力をより引き出すための映像や記事コンテンツを制作して参ります。
また、スポーツブルが配信を行う競技・大会においても、主催する競技団体や参加チーム・参加アスリートが、ファンの応援を受けとるとともに金銭的な支援を受ける事ができる仕組みを作ることで、スポーツファンの皆様と共に日本のスポーツ全体のさらなる発展を支援していきます。
Bull’s Supportサイト:https://sportsbull.jp/bulls-support/athletes

◆ Unlim(アンリム)について
一般財団法人アスリートフラッグ財団が提供する、アスリート・チームへの新しい応援のカタチをコンセプトとしたサービスです。①競技活動資金に充て新たな挑戦をしたい、②自身の活動だけではなくスポーツや競技そのものを盛り上げていきたい、③スポーツを通じて社会に貢献したい、といった様々な思いを持つアスリートやチームが、Unlim公式サイトや協業メディアを通じてファンの応援を受け取るとともに、金銭的支援を受けることができるサービスです。
サービスURL:https://unlim.team

◆ SPORTS BULL(スポーツブル)について
「スポーツブル」は、提携する新聞社ならびに専門媒体の記事コンテンツのキュレーション配信を土台として、競技のハイライト映像やオリジナル番組などの無料動画コンテンツの配信を行っています。現在1日約700本のコンテンツ配信を行っており、今後も記事コンテンツ、動画コンテンツの拡充を行い、無料スポーツメディアとしての価値向上を目指します。現在は大手全国紙、スポーツ紙系WEB媒体を中心に、60以上の媒体とメディア提携を行っています(2020年6月時点)。
・サービス名:SPORTS BULL
・対応:iOSアプリ、Androidアプリ、ブラウザー(PC/スマートフォン)
・サービスURL:https://sportsbull.jp
・App Store URL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1086719653
・Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.undotsushin

◆「Bull’s Support」運営会社について
株式会社運動通信社
所在地:東京都港区西新橋2-19-5 カザマビル2F
代表者:代表取締役社長 黒飛功二朗
事業内容:インターネットスポーツメディア「スポーツブル」の運営など
URL:https://sportsbull.jp/about/company/

◆「Unlim」運営会社について
一般財団法人アスリートフラッグ財団
所在地 : 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア36F
理事: 島田慎二
事業内容 : スポーツ競技の担い手及びスポーツ競技団体への助成支援 他
URL : https://athleteflag.or.jp/