チョックの黒マスク姿が反響拡大「とても似合っているね」

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)らの衣装をモデルにしたマスクが話題を集めていたが、アイスダンスのマディソン・チョック(米国)の鋭い目つきをした“黒マスク姿”がさらなる注目を浴びている。カナダの衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏がインスタグラムで画像を公開。フォロワーから「女王様だ」とコメントが集まっていたが、「この光景はただ驚くだけだ」と反響が拡大している。

 妖艶さといかつさを醸し出している。キャロン氏が作成したマスクを装着したチョック。真っ黒な布に銀色のトゲがたくさん並んでいる。鼻と両頬から顎にかけて3本のラインは少し攻撃的な印象だ。チョックは風に髪をなびかせながら鋭い目つきでカメラを見つめている。

 キャロン氏の投稿のコメント欄には「女王様だ」「この写真に夢中だ」「驚くほど美しい」「キマっているね」と称賛の声が集まっていたが、反響がさらに拡大。「ホットだ」「この光景はただ驚くだけだ」「壮麗だ」「言葉にできないくらい素晴らしい」「とても似合っているね」とコメントが寄せられている。

 収益をWHOの「新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付するために販売されているマスク。公式サイトによると、金属スタッドが付けられ、布部分は綿とポリエステルでできているという。ファッション用のため医療保護目的で作られたものではないと説明されているが、おしゃれなデザインにファンも驚いているようだ。(THE ANSWER編集部)