南アフリカW杯でコンビを組んだ中澤氏へ賛辞「とにかく欠点が少ない」

 昨年限りで現役を引退した元サッカー日本代表・田中マルクス闘莉王氏が、2010年南アフリカワールドカップ(W杯)でCBのコンビを組んだ相棒、中澤佑二氏について改めてインスタグラムで称賛。「正々堂々としたマッチアップも楽しみだった」と、Jリーグでの対決についても振り返っている。

 闘莉王氏はYouTubeチャンネル「闘莉王TV」の公式インスタグラムを更新。昨年12月、都内で行われた自身の引退会見で両手に花束を抱え、中澤氏と満面の笑みを浮かべている2ショットを公開。「闘莉王TVの最強のセンターバック(CB)3人企画で、ギリギリまで悩んだのもユウジさん」とつづっている。

「闘莉王TV」では「最強CB」を特集した闘将。中澤氏は自身が選ぶ史上最強CBトップ3の候補だったと明かし、「とにかく欠点が少ないし、これぞセンターバックというプレーヤーだった」と称賛している。

 空中戦で絶大な強さを見せた中澤氏だが、CBの資質で欠けるものはなかったという。「正々堂々としたマッチアップも楽しみだった。オレらを超えるコンビは日本で簡単に出てこないと思う」。代表では頼れる相棒だったが、Jリーグではライバル同士。セットプレーの場面ではお互いをマークしていたが、その攻防は外連味(けれんみ)のない真剣勝負だったという。

 日本サッカー史上にその名を刻んだ闘将とボンバーヘッドの鉄壁コンビ。現在は親孝行のために生まれ故郷のブラジル・サンパウロ州の町、パルメイラ・ド・オエシチに戻り、実業家として第二の人生を送っている闘莉王氏にとって、中澤氏は忘れがたい相棒のようだ。(THE ANSWER編集部)