衣装デザイナーが作成したマスク姿に反響「完璧なモデルとマスク!」

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)らの衣装をモデルにしたマスクが話題を集めていたが、アイスダンスのマディソン・チョック(米国)が鋭い目つきをした“黒マスク姿”が注目を浴びている。カナダの衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏がインスタグラムを更新し、画像を公開。フォロワーから「女王様だ」「この写真に夢中」「驚くほど美しい」と反響が集まっている。

 妖艶さといかつさを醸し出している。キャロン氏が作成したマスクを装着したチョック。真っ黒な布に銀色のトゲが無数に並んでいるようだ。鼻と両頬から顎にかけて3本のラインができている。チョックは風に髪をなびかせながら鋭い目つきでカメラを見つめている。

 収益をWHOの「新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付するために販売されているマスク。公式サイトによると、金属スタッドが付けられ、布部分は綿とポリエステルでできているという。キャロン氏の投稿のコメント欄には称賛の声が集まっている。

「女王様だ」
「完璧な美しさ」
「この写真に夢中だ」
「このマスクは驚くほど美しい」
「キマっているね」
「そのマスクをしたあなたは本当に豪華だね」
「パーフェクトなモデルとパーフェクトなマスク!」
「クールだね」

 公式サイトによると、ファッション用のため医療保護目的で作られたものではないという。それでもおしゃれなデザインに注目が集まっているようだ。(THE ANSWER編集部)