米記者が公開したエキシビションの衣装に反響「スーパーマン? 違うわ!」

 フィギュアスケートの平昌五輪銅メダリスト、ハビエル・フェルナンデスさん(スペイン)がエキシビションで披露した“スーパーマン衣装”に再び注目が集まっている。米記者がツイッターに画像を公開すると、ファンから「私のお気に入りのプログラム」とコメントが寄せられている。

 氷上にヒーローが参上した。腕立て伏せをするような形で両手を氷につけたフェルナンデス。着ているのは正義のヒーローのような衣装だ。黄色のタンクトップに赤いパンツ姿。スケート靴も赤だが、空を飛んでいるかのうように足を伸ばしている。

 米国の人気ヒーロー「スーパーマン」に似ているものの、胸元のトレードマークは「S」ではない。ハビエルの頭文字「J」だった。コミカルな演技でファンを魅了した“ハビエルマン”の画像を公開したのは、米名物記者のジャッキー・ウォン氏。「月曜日を迎えたあなたたちの気持ち」とつづっている。

 ファンから「私たちに必要なもの!」「私のお気に入りのプログラム」「スーパーマン? 違うわ! ハビちゃんよ」「ナイスなシャレだね」「変な気持ちになるね」と反響が集まっている。平昌五輪のエキシビションなどで披露した衣装が再び脚光を浴びている。(THE ANSWER編集部)