バドミントン女子シングルスの奥原希望は6月7日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新。トップアスリートの特徴から自身が考え出した一つの“説”を提言した。

■奥原希望選手「トップアスリートはドM?!」の音声は【こちら】から。

アスリートは「様々な壁や苦しいトレーニング、スランプを乗り越えて今がある」とし、苦しい中でもそれぞれが「自分なりに楽しめるようなやり方を見つけるのがすごく得意だと思う」と意見を述べた。厳しい練習でもチームメイトと競い合うのが楽しくなって「知らないうちに追い込み、自分の限界を超えていく」。これは、苦しいけれど楽しむといったランナーズハイのような感覚で「トップアスリート全員が経験したことあるはず」と強調し、新型コロナウイルス感染拡大の影響でスポーツができない状況下でも、「自分なりにポジティブに捉え、臨機応変に対応している」と語った。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net