ソフトバンクの和田毅は6月7日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を更新し、緊張をテーマに音声を残した。

■和田毅「緊張するということ」の音声は【こちら】から。

試合本番になると、いまだに緊張するといい「高校時代の甲子園やプロ初登板などマウンド上でフワフワしてしまい、どうやって投げたのか覚えていないこともある」と過去を紹介した。多くの人が緊張でうまくいかなった経験をしているが、「緊張することは悪いことではない。それだけそのことに対して一生懸命努力し、真摯に向き合っている証拠」。それぞれが成し遂げたいことへの思いが強いほど、「絶対に緊張してしまうものではないかと思う」とし、「むしろプラスに捉えるなら素晴らしいことである」と呼び掛けた。緊張を和らげる方法については「物事に対してしっかりと準備をし、それに向かって一生懸命努力することが緊張に打ち勝つ唯一の方法」とアドバイスしている。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額990円(税込)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net