ラウタロ・マルティネスは、インテル・ミラノからの退団でクラブと合意したようだ。
【西、伊、英、Jリーグも開幕&再開目前!サッカー見るなるDAZN】
イタリア『La Gazzetta Dello Sport』は6日に、インテルとアルゼンチンのストライカーは、FCバルセロナへの去就に合意していることを「インテル-ラウタロ、別れの契約」と一面で報じた。

La Gazzetta Dello Sportの一面
「アルゼンチン人ストライカーは、ミラノにいる間は監督に最大限を尽くすと約束しているものの、バルサへの移籍の可能性に非常に魅力を感じていることをコンテに告白している」と掲載されている。
移籍交渉は最高潮に達しており、クラブ間の正式合意はまだ成立されていないが、インテルはすでにチームの10番を失ったと見なしている。
ラウタロは、バルサと5年契約を結び、年俸約1,200万ユーロ(約14億4,000万円)+ボーナスを受け取ることになるだろう。