現地でのインタビューで新シーズンを展望

 フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになった。電撃移籍でフィギュア界を驚かせた15歳を、ロシアの有名女性ジャーナリスト、マリヤ・コマンドナヤ氏がインタビュー。その内容を、同国のメディア「sports.ru」が報じている。若き4回転クイーンは、5種類目の4回転となる4回転ループの習得への意欲を示している。

 トルソワは昨季のジャパンオープンのフリーで4回転4本を着氷させることに成功。衝撃を走らせた。自身にとっても日本での演技は記憶に残っているようで、別のインタビューでは昨季のベストパフォーマンスに挙げていた。

 進化の過程にある15歳は、来季はさらにスケールアップするつもりだ。「4度の4回転ジャンプを跳びました。私にはこれがとても重要です。私は1年ごとに、プログラムにより多くの4回転ジャンプを入れるように努めています。ひとつのプログラムで5度はできませんでしたが、来シーズンはうまくいくように願っています。私は、ジャンプが乱れた試合では、ナーバスになったことにうまく対処できなかったと思います」と話している。

 1度のプログラムで5本の4回転ジャンプ成功へ意欲を見せるトルソワ。では最も重点的にトレーニングするのはどこになるのか。

「スケーティング、スピンをもっと練習して、アーティストとして腕に磨きをかけたい。もちろん技術的な部分も練習するのを忘れません。昨シーズンよりもっとベターにクリーンに滑りたいです」と話している。

新シーズンのプログラムにも言及「ゆっくりしたプログラムにしたいのですが」

 インタビュアーがトルソワにモチベーションについて問うと、「思うに私はまだほんの少ししか達成していません。もっと試合に勝って、すべての4回転ジャンプを習得したいです」と更なる4回転の習得を見据えているようだ。

 トルソワはすでにトウループ、フリップ、サルコー、ルッツを習得済み。4回転ループについては「自己隔離生活だったので、滑っておらず、まだ試していません。試すことができるのを願っています。来シーズン、3回転アクセルはもちろん跳びます。もし4回転ループを習得したら、プログラムに入れます」と5種類目のマスターを野望に掲げている。

 また新シーズンのプログラムについても言及。「(今までとは)全く異なるイメージです、ゆっくりしたプログラムにしたいのですが、まだわかりません。多くの選択肢があります。秘密は明かしませんよ。まだ早いです。もちろん私たちは(プルシェンコ氏と)一緒に選びます、相談し合って」と含みを持たせている。

 才能あふれるトルソワ。プルシェンコ氏との融合で、どんな大人になった姿を見せてくれるのが楽しみだ。(THE ANSWER編集部)