リモート応援システムを公開実験

 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は5日、サッカーJ2ジュビロ磐田―J3アスルクラロ沼津の練習試合(13日18時キックオフ・ヤマハスタジアム)をLIVE配信することを発表した。

 なおこの試合ではヤマハ株式会社が開発を進めるリモート応援システム「リモートチアラー powered by SoundUD」の実証実験を実施。試合は無観客で行われるが、サポーターがリモート応援に参加する公開実験となる。LIVE配信される試合での公開実験は今回が初めてとあって、注目が集まることが予想される。

「リモートチアラー」は音楽ライブやスポーツ中継、講演会などを、自宅など離れた場所から見る際に、熱い声援を会場に直接音で届けられるように、開発が進められている新技術。子育てや入院などで会場に行きたくても行けない人や、海外などの遠方在住者でも、対応アプリを使用することで、自身の声援を会場に設置したスピーカーを通じて音で現場に届けることができるという。

 参加方法については後日発表される。(THE ANSWER編集部)