2日、ラ・リーガ・サンタンデールの元審判であり、現在は様々なメディアのレフェリーアナリストでもあるイトゥラルデ・ゴンサレス氏が、ジョゼ・モウリーニョとペップ・グアルディオラがいたレアル・マドリーとFCバルセロナの関係について明かした。
『Cadena SER』のラジオ番組『Carrusel Deportivo』のインタビューで、ゴンサレス氏は両チームの巨大なライバル関係を振り返った。
「“嫌な感じ "というより "緊張感 "と言った方がいいかもしれない。試合前に選手同士が挨拶をしたり、抱き合ったりする光景をよく目にするが、彼らの時はお互いに目を合わせていなかった」
また、モウリーニョとの関係についてゴンサレス氏は、「それを悪いこととは言わない。彼とはとても良い関係だった。彼はサーカスと劇場を経営していたので、区別しなければならなかった」と語っている。