ブレンダン・ロジャーズ監督はフィリペ・コウチーニョを良く知っている。同監督がリヴァプールに到着したのは2012年の夏で、ブラジル人アタッカーが加入してわずか半年の時だった。
レッズで素晴らしいパフォーマンスを披露し、素晴らしい進歩を遂げたコウチーニョだが、現状は上手くいっていない。そして、ロジャーズは彼のプレーメイカーの才能が過小評価されていることを悔やんでいる。
「コウチーニョは素晴らしい才能を持っている。ボールを持っているときはその才能の高さで相手を威嚇する。ここ数か月、彼は上手くいっていないが、彼の才能を信用していない人がいることは悲しいことだ」と彼は嘆いている。
今ではリヴァプールがコウチーニョを再獲得するという話も出ているが、ブラジル人のアンフィールド復帰に反対するサポーターは多いようだ。
ロジャーズはコウチーニョが自身のサッカーを取り戻すために必要なものを明確にしている。「彼はトッププレイヤーであり、プレミアリーグに戻ってきたら、自身が優れた選手であることを見せてくれるだろう」