プロレス団体DDTプロレスリングのドキュメンタリー映画『俺たち文化系プロレスDDT』が、第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門“場外乱闘(アウト・オブ・コンペティション)”に公式出品された。

『俺たち文化系プロレスDDT』は、ひたすら走り続けるDDTプロレスリングをダブル監督で追ったドキュメンタリー映画だ。監督は『劇場版プロレスキャノンボール2014』の総監督であり、レスラーのスーパー・ササダンゴ・マシンとして活動するマッスル坂井と、『フラッシュバックメモリーズ3D』以来4年ぶりの映画作品となる松江哲明。音楽はジム・オルークが担当した。

2015年秋、DDTプロレスリングの文化系プロレスラー・大家健、HARASHIMA対100年にひとりの逸材と呼ばれる棚橋弘至、小松洋平の試合が後楽園ホールで行われた。彼らの試合は、男色ディーノとマッスル坂井が準備した。それぞれが異なる目的を抱え、リングに上がり、闘う姿をカメラが追った。

本作が第29回東京国際映画祭で11月2日にオールナイト上映される。10月25日にはレッドカーペットに大家健、HARASHIMA、男色ディーノ、高木三四郎、ジム・オルーク、マッスル坂井監督、松江哲明監督が参加する。会場はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。

また11月26日より、新宿バルト9で7日間連日舞台挨拶を実施。大阪・シネマート心斎橋、名古屋・イオンシネマワンダー、新潟・イオンシネマ新潟南でも公開する。料金は舞台挨拶付上映2000円、通常上映1800円。全席指定。舞台挨拶チケットは、イープラスとファミリーマート店内のFamiポートにて販売中。

ドキュメンタリー映画『俺たち文化系プロレスDDT』(c) 2016 DDT Pro-wrestling

ドキュメンタリー映画『俺たち文化系プロレスDDT』(c) 2016 DDT Pro-wrestling